TikTokで「シグナル」をつなぎ、Eコマースの売上を向上させる秘訣 | 【公式】TikTok for Business: TikTok広告

TikTokで「シグナル」をつなぎ、Eコマースの売上を向上させる秘訣

2022-12-14

TikTokは、信頼性、発見、エンゲージメントを取り入れた、新しいショッピング文化の拠点となっており、ブランドはTikTokのEコマース広告ソリューションを利用して、このカルチャーに参加する機会を得ることができます。

最近では、TikTokで買い物をエンターテインメントとして楽しめる「Content to Cart、最新のコマース広告ソリューション「Shopping Ads」を紹介しました。

今回、Eコマースへの投資とショッピング広告を最大限に活用するため、Eコマースキャンペーンにおいて、成功の基礎であるシグナル(Signal)」の設置について紹介します。

「シグナル」とは何か、広告キャンペーンにおける「シグナル」の重要性、TikTok広告マネージャーで「シグナル」をつなげる方法について説明していきます。

TikTokで「シグナル」をつなぎ、Eコマースの売上を向上させる秘訣

シグナルとは

“購入カートに入れたばかりのシャツ”

“おすすめフィードで視聴・コメントした動画”

“ダウンロードしたばかりのアプリ”

これらの行動はすべて「シグナル」で、ブランドが「顧客」や「購入される可能性のある商品」について理解するために役立つ情報のことを指しています。

シグナルは、行動が発生したプラットフォームによって、「オンサイト」または「オフサイト」に分けられます。

ユーザーがTikTok 動画を視聴したり、交流する場合を「オンサイト」、ユーザーが他の広告主のウェブサイトやアプリで商品をカートに入れるなどの行動を起こす場合を「オフサイト」と呼びます。

「オンサイト」と「オフサイト」のシグナルを組み合わせることで、顧客が興味のある商品」「購買プロセス段階といった顧客の全体像を把握することができます。これにより、ダイナミックなEコマース広告は、より効率的に購入可能性の高い顧客をターゲティングし、商品を表示することになります。

シグナルをつなぎ、広告のパフォーマンスを引き出す

広告主は、TikTokのウェブサイト及びアプリのトラッキングソリューション(例:TikTok Pixel)を通じて、プライバシー保護のオフサイトシグナルを共有することができます。そして、コンテキスト情報である「パラメーター」は、さらに共有された行動を補充してくれます。

  • 行動:購入、サインアップ、ダウンロードなど
  • パラメーター:どの商品を見たか、購入カートに入れる回数、注文の合計金額など

パラメーター(特に個々の製品を指す「商品のID」)は、製品広告の配信とパフォーマンスにおいて、重要な役割として、広告主がTikTokに共有したシグナルや行動を、カタログの在庫数に照合させます。

「オンサイト」と「オフサイト」のシグナルは、ダイナミックな広告フォーマットの原動力となり、システムにて広告に表示する商品の選択をサポートしています。

つまり、シグナルが強ほど、より高いパフォーマンスを発揮することができます。

しかし、コミュニティの安全とプライバシー保護以上に重要なものはないため、TikTokでは、ユーザーやクライアントのデータ収集、処理、保護などプラットフォームの運営方法について、透明性を保つことに努めています。TikTokとオフサイトシグナルを共有する場合、すべてのデータはTikTokビジネスプロダクト(データ)条項に従って使用されますので、ご安心ください。

コミュニティ保護に関する取り組みは、こちらをご覧ください。

「シグナル」の実例紹介

「シグナル」が実際にどのように動くかをご紹介します。

  1. ????:ある広告主は、アプリのダウンロードを目標にしています。カタログには10,000点の商品があり、そのうち3,000点は家具関連です。

  2.  Ὣ:TikTokユーザーのThomasは、インテリアデザインに興味があり、最近家具の広告接触しています。

  3. ????:「ショッピング広告」を使ったTikTokキャンペーンで、Thomasに家具関連の商品を見せた場合、スマートフォンなど別の商品を見せた時よりも、広告をクリックしてアプリをインストールする可能性が高くなります。

  4. ????:これは、オンサイトのTikTokでの活動によるインサイトです。しかし、広告主がアプリから「オフサイト」の活動(例えば、製品を表示したり、カートに追加したりするなど、Web サイトでの Thomas の行動) を共有すると、彼の関心をよりよく理解できるようになります。

  5.  ????:この場合の“魔法の公式”は、「オンサイト」と「オフサイト」の行動を一緒に活用し、キャンペーンでより多くのエンゲージメントを獲得する可能性を高めることです。

Eコマースを成功させるために、「シグナル」「カタログ」を設置

Eコマース広告フォーマットの使用に役立つチェックリストをご用意しています。

詳細について、チェックリストをご覧ください。

 

ステップ1:バックシグナルの設定と掲示

????まず、シグナルの基本設定である3つの必須イベント(「商品閲覧」「カートに入れる」「購入」)が、すでに共有されているかを確認します。これらは、パラメーターの「商品_ID」とともに、カタログベースの広告フォーマットの基本要件となります。

???? 次に、シグナルの質を向上させ、コンバージョン機会を増やすため、「TikTok Pixel Developer Mode」または「Events API」を利用し、高度なシグナルを設定しましょう。高度なシグナルとは、すべて購入プロセスやウェブ・アプリ体験に関連するフルファネル行動を共有し、それらサポートするパラメーターを提供し、自動または手動の高度なマッチングを実現することです。

???? 「TikTok Ads Manager(アプリ用)」および「Catalog Manager(ウェブ用)」で、行動が正しく追跡されているかを確認します。問題が発生している場合は、こちらの診断ツールをご使用ください。

 

ステップ2:商品のカタログを同期化

????TikTok Business Centerカタログを作成します。

???? 必要なカタログの商品パラメーターをアップロードします。

 

ステップ3:「イベント」と「カタログ」のマッチング率の確認

????イベント一致率は、「商品_ID 」というパラメーターを使用し、共有されたシグナルと商品カタログの在庫数照合する割合を指ます。イベント一致率は100%に向けて最適化することをお勧めします。

???? 「ショッピング広告」に関するシグナルとカタログについて、チェックリストをご使用ください。

 

シグナルは、TikTokでのEコマース広告のパフォーマンスを最大化するための鍵です。この土台を作った後、どのようなことができていくか楽しんでください。

TikTok for Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok for Businessへお問い合わせください。

関連タグ

クリエイティブ・運用Tips