「TikTok広告が広告審査で却下される理由」とは | 【公式】TikTok for Business: TikTok広告

「TikTok広告が広告審査で却下される理由」とは

2023-01-31

TikTok広告が広告審査で却下されてしまう場合、何らかの理由があります。

本記事では、TikTok広告が広告審査で却下される場合によくある理由と、承認されるために役立つリソースとステップをご紹介します。

「TikTok広告が広告審査で却下される理由」とは

「TikTokの広告キャンペーンを何週間、何ヶ月と時間をかけて準備し、いざ広告を公開しようとしたら審査が通らなかった。」

このような事態に陥ることがあります。

その時はまず、広告が却下された理由を把握することが重要です。理由を把握した上でTikTok広告を修正すれば、再度審査を行うことができます。

またTikTok広告が編集できない場合や誤って却下されたと思われる場合は、広告主サポートにアクセスすれば、再審査を申請することができます。

本記事では、広告審査において却下される場合によくある理由をご紹介します。

さらに詳しい情報は、「広告クリエイティブ ポリシー」または当社の広告ポリシーチームによる「TikTok Ad Policy Learning」動画をご覧ください。

TikTok広告が広告審査で却下される3つの主な理由

知的財産権侵害している

TikTokは他者の知的財産権を尊重しており、広告主にも同様の対応を求めています。広告とランディングページの両方で、必要な許可を得ることのないまま、他者の知的財産に当たる要素を使用することは避けるべきです。

これには、ブランド、ハッシュタグ、著作権で保護されたメディア、模造品、複製品などが含まれます。

適切な許可を得ている場合は、アカウント設定の[ビジネス検証]で許可書類をアップロードしてください。

このポリシーについて詳しくは「広告の知的財産権侵害に関する規則」または「TikTok Ad Policy Learning」動画をご覧ください。

 

広告クリエイティブに一貫性がない

TikTokでは、良好なユーザー体験を確保するため、キャプション、テキスト、画像、動画、コールトゥアクション(CTA)が、販促対象の製品・サービスと一致していることを求めています。これには、販促対象のWebサイトで価格が同一であることも含まれます。

例えば、クリエイティブでは商品Aを紹介しているのに、Webサイトでは商品Bを紹介していたり、「最大50%OFF」と記載しているのに、Webサイトでは「最大30%OFF」としか記載していない場合、広告は却下されることになります。

このポリシーについて詳しくは「TikTok 広告ポリシー – 広告クリエイティブとランディング ページ」または「TikTok Ad Policy Learning」動画をご覧ください。

 

誤情報や一貫性のない情報を使用している

TikTokは、プラットフォーム上の広告が本物、事実であり、ユーザーの誤解を招かないようにしたいと考えており、広告に誇張された情報が含まれないことを要求しています。

そのため、2021年第2四半期には、広告ポリシーとガイドライン違反として1,829,219件の広告を却下しました。

誇張された表現は、画像にも該当する場合があり、また、クリエイティブとURLには、他のブランドとの悪意のある比較、無効なボタンのジェスチャー、サポートされていない機能を描写するテキストを含めてはいけません。

このポリシーについて詳しくは「一部の広告が承認後に拒否される理由」、または「TikTok Ad Policy Learning」動画をご覧ください。

 

広告審査却下を回避する方法の詳細についてTikTokビジネスセンターの広告ポリシーをご覧ください。

また、制限・禁止されている製品やサービスに関する広告ポリシーをご確認いただくことをお勧めします。

TikTok for Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok for Businessへお問い合わせください。

関連タグ

安全性