初の「TikTokクリエイター白書」を発表。バズるコンテンツの裏にはクリエイターたちの秘策が!

2020-08-31

TikTok For Businessでは、TikTokで活躍する人気クリエイター142人を対象に独自調査を実施し、「TikTokクリエイター白書(2020.8)」を発表しました。

本白書は、人気クリエイターになる人の特徴や傾向、彼らが培ったフォロワーを増やす技やバズるコンテンツ作りのコツなど、TikTokでの成功へのノウハウがまるごと分かる内容です。
企業やブランドがTikTokを通じて、生活者とのエンゲージメントを高めるためのヒントが満載ですので、ぜひご活用ください。

初の「TikTokクリエイター白書」を発表。バズるコンテンツの裏にはクリエイターたちの秘策が!

圧倒的にフォロワーが増えやすいTikTok

他のプラットフォームと違い、TikTokはコンテンツ次第でフォロワーがゼロの状態からでもバズる可能性があり、誰もがクリエイターとしてコンテンツ投稿を始めやすい環境となっています。

TikTokクリエイター達に質問したところ「フォロワーが増えやすい」と回答した人が半数を超え、なかでもフォロワーが10万人を超えるクリエイターは69.2%と約7割にまで達し、多くのクリエイターがTikTokにおけるフォロワーの増えやすさを実感しています。クリエイターはTikTokで投稿することの良さを理解したうえで、上手に活用していると言えます。

また、TikTokクリエイターの大きな特徴としては、圧倒的なエンゲージメントの高さがあります。他のプラットフォームで、フォロワー数が10万人を超えるクリエイターのエンゲージメント率が0.3%や1.10%の一方、TikTokクリエイターのエンゲージメント率は5.30%と高く出ています。

 

TikTokクリエイターの「人気が増すサイクル」とは

以下の4つの「人気が増すサイクル」により、相乗効果的にファンを増やすことができるのがTikTokのクリエイターの強みです。彼らは、芸能人よりも身近に感じられる存在として、ユーザーと強い繋がりを持っています。

 

1. 広がる人の輪

クリエイターとしての活動をしていく中で、仲間やファンが増えていき、日常では出会えなかった他のクリエイターとの横の繋がりもぐんぐん広がっています。なかでもフォロワーが10万人を超えるクリエイターの55.8%が「クリエイター同士のつながりが増えた」と回答しています。

 

2. TikTokを入口に他のプラットフォームのフォロワーを増やす

多くのクリエイターは、TikTokを活用し、他のプラットフォームのフォロワーも増やしています。

このようにTikTokならではの相乗効果で、次々にファンと繋がっていきます。

 

3. 巷の有名人に

拡散力が桁違いに強いTikTokでのクリエイターになると知名度が上がり、10万フォロワー以上のTikTokクリエイターのうち、「街で声をかけられる」という経験があるクリエイターは約2人に1人います。

 

4. 企業からの依頼が増える

TikTokクリエイターになったことで企業からの依頼が増えたという人は約4割にも上ります。

 

TikTokクリエイターがファンの心をつかむ秘訣とは

人の注意が持続する時間がどんどん短くなってきている中、15秒という短い時間でユーザーの心を掴むために、TikTokクリエイターはさまざまな努力と工夫を凝らしています。

 

1. 短尺動画は「起・転・結」で心を掴む

クリエイターがTikTokでバズるために意識しているポイントとして

  • 冒頭のインパクト
  • 飽きさせない展開
  • オチをつける

が挙げられています。

特にフォロワーが10万人を超えるクリエイターになると、ストーリーの展開や強弱に対するこだわりが強くなっています。

さらにフォロワーが100万人を超えるクリエイターになると、よりたくさんのバズらせるポイントを意識し、上記の3つ以外にも「ユーザーとのコミュニケーション」「真似されやすそうなものを作る」など10個以上の工夫を凝らして動画を作っています。

 

2. 情報量は多めに

フォロワー数が多くなってくると、クリエイターはコンテンツに盛り込む情報量を増やす傾向にあります。それは単に情報量を増やすのではなく、「共感ポイント」や「ツッコミポイント」を多く作るということであり、そのことがユーザーとのコミュニケーションを生み出していると考えられます。

 

3. たくさん投稿してバズる確率を上げる

フォロワー数が多いクリエイターほど、コンテンツをたくさん投稿する傾向にあります。長く継続するためには、100%満足したコンテンツしか投稿しないということにこだわり過ぎず、たくさん投稿することでバズる確率を上げています。

 

4. 個性を極めながら、流行を捉える

調査からは、50万以上のフォロワーがいるクリエイターは個性と流行どちらも重視していることがわかりました。より多くの人に発見されるため、個性の中に、トレンドを上手く取り入れたコンテンツをたくさん作れるクリエイターほど、フォロワーを増やしている傾向にあります。

 

この他にも人気TikTokクリエイターにはいくつかの秘訣があり、フォロワー数による傾向の違いも見られました。詳細については「TikTokクリエイター白書(2020.8)」完全版レポートに掲載しています。

 

<調査概要>

【定量調査】
調査機関:TikTok 運営チーム
自社作成のアンケートを配布し調査実施
実施時期:2020年5月実施
エリア:関東地区内
モニタ:18-69歳のクリエイター・男女
全体:142ss

【定性調査】
調査機関:TikTok For Business Japan
実施時期:2019年10月23日〜2020年6月19日
エリア:関東地区内
モニタ:16-27歳の男女
全体:80ss
世代別:Z世代(15-24):73ss、25歳以上:7ss

 

上記以外にもデータに基づいた詳細な分析レポート、さらに50万人に1人の存在であるフォロワーが100万人を超えるクリエイターのインサイトについても完全版レポートに掲載しています。

 

「TikTokクリエイター白書(2020.8)」完全版レポートをご希望の方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

<調査データの引用・転載について>

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典: TikTokクリエイター白書(2020.8)」と明記いただき、「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

なお、Webページ(メディア/ブログなど)にて引用・転載される場合は、本ページのURLリンクも合わせてご掲載ください。

 

TikTok For Businessでは、広告主、代理店の皆様の利用満足度をより一層高め、さらなるサービス拡充のために、弊社が提供するサービスに関する調査を実施し、ユーザー実態把握、プロダクト活用、クリエイティブ制作などあらゆるニーズに対応した調査データを定期的に公開していきます。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。

関連タグ