TikTok, メニュー

【2020年版】TikTok運用型広告の全てが分かる!TikTok For Businessの始め方・設置方法・事例・料金を完全解説 #1

本記事では、オンラインでTikTok、BuzzVideoに広告出稿ができるオンライン運用型広告配信プラットフォーム「TikTok For Business」の活用方法について徹底解説します。

「TikTok For Businessの始め方が知りたい」
「TikTokやBuzzVideoで運用型広告を出稿したいが、やり方が分からない」
「TikTokやBuzzVideoの運用型広告のベストプラクティスが知りたい」

こんな方は是非ご覧ください。
TikTok For Businessの無料登録はこちら>

 

1. TikTok(ティックトック)とは

TikTokは、モバイル向けショートムービープラットフォーム。
クリエイティブで、真に楽しくポジティブな体験を提供することで、人々の生活を豊かにすることをミッションとし、アメリカ、イギリス、フランス、シンガポール、韓国など世界中で展開しています。

 

2. TikTokが人気の理由

「1分以上の動画はストレスだ」という人の割合が、2019年33.8%から2020年49.2%と伸びています。短尺動画を好むユーザーは増加傾向にあり、このことはTikTokが人気の理由のひとつになっています。

また、フルスクリーン&サウンドオンで楽しめるコンテンツは、ユーザーのペースで視聴できるためストレスを与えず、圧倒的な没入感をもたらしてくれます。

 

3. TikTokユーザーの特長

(1) TikTokを利用する理由

TikTok利用のきっかけは承認欲求だとしても、次第に動画加工や投稿企画を楽しみたいという純粋な動機が優位に立つようになっています。「いいね欲しさではなく、自分が楽しみたいからシェアする。」といった動機の純粋さは、発信に対する信頼感を形成しています。

 

(2) TikTokの利用シーン

TikTokを「前向きな楽しい気持ちになれる場所」と捉えているユーザーが多く、その結果、新しい興味が見つかったり、今まで興味がなかったジャンルを好きになったり、面白い情報を発掘できるといったシーンが増えています。

 

(3) コンテンツの視聴態度

一瞬を切り取り、おしゃれに演出して見せることが主流の静止画と違い、動きや声などキャラクターのありのままを見せることができる動画は、表側だけでなく、飾り気のない裏側まで伝えられるため、ユーザーはリアルを感じ、信じています。

 

4. TikTokコンテンツの変遷と多様化

2017年10月に日本でサービスを開始、当初はダンスやリックシンクがコンテンツの主流でしたが、その後、コンテンツが劇的に多様化し、Vlog、グルメ、旅行、スポーツ、ペット、How toなど投稿コンテンツ、視聴コンテンツともにジャンルの幅が広がりました。

また、TikTokは「音」が重要な鍵となっており、言語が通じなくても、音だけで「楽しい」「かっこいい」「面白い」など、さまざまな感情や状況を伝えることができるため、グローバルにも広がっています。

 

5. TikTok For Businessとは

TikTok For Business」とは、オンライン上でTikTok、BuzzVideo、Pangleに広告出稿ができる運用型広告配信プラットフォームです。
TikTokユーザー向けに運用型広告を出稿したい方はこちら>

 

(1) TikTok For Businessの強み

TikTokやBuzzVideoへの運用型広告をオンラインで配信できるプラットフォーム「TikTok For Business」は、ビッグデータを活用したデータマイニングとディープラーニングの技術力により、高精度な予測による高パフォーマンスを実現します。
詳しくはこちらからお問い合わせください。

  

6. TikTok For Businessの広告ソリューションの種類

(1) リーチプロダクト

・Top View:
1日1社限定の起動画面枠。アプリ起動時から最初のインフィード動画として配信される全面クリッカブルな縦型フル画面動画広告です。(60秒まで)

 

・起動画面広告:
1日1社限定の起動画面枠。アプリ起動時に必ずファーストビューとして表示。多様な表示形式に対応しており、静止画も可能な縦型フル画面広告です。

 

・Brand Premium:
ネイティブな動画広告。多くの接点からユーザーとの相互関係性を深め、コンバージョンを強化。最大60秒フルスクリーン動画、オリジナルスタイルのUIデザインを音声付きで自動再生します。

 

・One Day Max:
指定の1日に限り、ユーザーが初接触するインフィード広告。自然な形でのコミュニケーションが取れるため、視聴とクリックの質が高くなります。最大60秒のフルスクリーン動画を「おすすめ」フィード4post目に掲載。

 

(2) エンゲージメント

・ハッシュタグチャレンジ:
企業発のコンテンツでありながら、ユーザーの興味に軸足を置いたコンテンツであるため、他にはない「共感」と「参加」を促しながら、大規模なブランド体験を実現できるTikTokならではの広告。

 

・ブランドエフェクト:
先端テクノロジーを用いて、2D、3D、ARなどさまざまなクリエイティブコンテンツを実現。ブランド機能や世界観を“体感的”に提供することにより、投稿者にはブランド体験を提供、視聴者にはより強いブランドリフトが期待できます。

 

(3) オンライン運用型広告

TikTok、BuzzVideo及びPangleを介した多数のアプリへの広告配信を全てオンライン上で実施できるセルフサービスの広告。アカウント開設から広告配信まで実施でき、広告素材もオンライン上で簡単に制作することが可能です。

オンライン広告の知識が浅い初心者の方から、知識が豊富な方まで誰もが簡単に使えるツールで広告配信ができ、少ない予算からでも運用できます。

 

7. TikTokオンライン運用型広告とは

「オンライン上でセルフに広告出稿、運用したい」
「少額からTikTok広告を出してみたい」
「新たな広告媒体に広げて、さらにCV獲得したい」

こんな人は是非、TikTok For Businessでの広告出稿をご検討ください。

TikTok For Businessオンライン運用型広告を始めたい方はこちら>

 

(1) TikTokオンライン運用型広告の特長
  • TikTok For Businessの管理画面よりセルフで、CPC、CPAなどの目標値を設定すれば、システムが広告主様のサービスと広告の目的(ウェブサイト誘導、アプリインストール、商品購入など)に合わせて最適化し、広告配信を行います。

 

  • 予算や目標単価は、実績に合わせていつでも変更可能。少額からでもお試しいただけます。

 

  • 年齢、性別、エリア等を指定し、ターゲットを絞って広告を配信することが可能です。

 

  • クリエイティブ制作のためのサポートツールも豊富に取り揃えています。

 

(2) TikTokオンライン運用型広告で出稿できる媒体

TikTok:
Z世代を中心に、幅広い年代のユーザーから人気のショートムービープラットフォーム
(TikTokユーザー特徴については、「TikTokユーザー白書」をご覧ください)

BuzzVideo:
購買意欲の高い大人のユーザーからの支持を集めるマルチコンテンツプラットフォーム
(BuzzVideoユーザーの特長については「BuzzVideoユーザー白書」をご覧ください)

Pangle:
ゲームアプリ、マンガアプリなど多数のアプリと連携し、アプリ内への広告配信を実現する広告配信プラットフォーム
(Pangleについて詳しくはこちらをご覧ください)

 

今回は、オンラインでTikTok、BuzzVideoに広告出稿ができるオンライン運用型広告配信プラットフォーム「TikTok For Business」の活用方法についてご紹介しました。
詳細な内容や料金メニューなどご興味がある方は、お問い合わせからぜひお気軽にご相談ください!

TikTok For Businessは、マーケティングソリューションを実現するプラットフォームです。新しい興味や関心ゴトを探しているオーディエンスと、企業/ブランドを自然に結びつけることで、広告という従来的な枠組みを超えたコミュニケーションを実現。認知拡大から顧客獲得まで、さまざまなファネルにおけるビジネス課題を解決に導きます。