リワード動画広告の効果を最大化するために、最適なユーザー層を特定する方法とは | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

リワード動画広告の効果を最大化するために、最適なユーザー層を特定する方法とは

2020-11-24

リワード動画広告は、ユーザーが動画を最後まで視聴するとアプリ内で報酬を獲得できるという広告手法であるため、高いブランドの浸透率とコンバージョン率が期待でき、アプリの収益を飛躍的に増加させることができます。

しかし、広告を適切なユーザー層に対して表示しなければ、十分な効果を得ることができないため、広告を視聴する可能性が高いユーザー層を絞り込むことがリワード動画広告での最大限の効果につながります。

本記事では、リワード動画広告で最適なユーザー層を特定するためのポイントを解説します。

リワード動画広告の効果を最大化するために、最適なユーザー層を特定する方法とは

 

リワード動画広告を表示するターゲットの決定方法

最初に、リワード動画広告をどんなユーザーに向けて表示するべきかを検討する必要があります。これは、アプリの種類と開発者側の優先事項に関わります。

完全に無料で利用できるアプリの場合、アプリ内の広告からほぼ全ての収益を得ることになります。気軽に導入できるため、多くの無料アプリ開発者がリワード動画広告を導入する理由の1つとなっています。

その一方でアプリ内課金があるアプリの場合、課金ユーザーと無課金ユーザーの両方が存在します。リワード動画広告は軽課金や無課金のユーザーに向けて個別に表示できます。

それよりもまず収益を最大限に伸ばすことを目標とする場合は、すべてのユーザーに対してリワード動画広告を表示し、各ユーザーのアプリ内課金見込みに応じて広告表示の頻度を変えていきます。

 

ユーザーのカテゴリー分け

リワード動画広告を活用して可能な限り収益を上げたい場合、まずはアプリのユーザー層を区分する必要があります。

新規ユーザーのカテゴリー分けは以下のような方法で行うことができます。

まず、一定期間は新規ユーザーに広告を表示せずにアプリ内での行動を観察します。この期間の終了時までにアプリ内課金を行わなかった利用者に対し、リワード動画広告の表示を開始し、収益化の可能性を最大限に広げていきます。

 

リワード動画広告の表示数の決定方法

すべての課金ユーザーが大幅に収益を底上げしているわけではありません。

アプリ内購入から多くの収益を得ていた場合でも、リワード動画広告を活用することでさらに収益を増加させることが可能です。

以下のようにシンプルに数字を比較することで、 広告の表示数を増やすべきかどうかを判断することができます。

 

まずは、一定期間でアプリ内購入によってユーザーが創出した平均収益を計算します。その後、同じ期間を区切ってリワード動画広告を配信し、それらのユーザーが創出した平均収益を比較します。

計算方法は以下となります。

 

  1. 1日あたりの1ユーザーごとのリワード動画広告インプレッション数とeCPM(有効インプレッション単価)/1000を掛けることで、リワード動画広告から得られた1ユーザーあたりの平均収益(ARPU)を算出できます。
  2. アプリ内購入の総収益を総ユーザー数で割ることで、アプリ内購入による1ユーザーあたりの平均収益(ARPU)を算出できます。(この数字を計算する場合、アプリの種類やアプリ内課金のシステムによって総収益が変動します)
  3. 2つのARPUを比較。リワード動画広告によるARPUの方が高い場合は、より多くの動画広告を表示することで効果的に収益を伸ばせるということになります。

 

Pangleではリワード動画広告を最大限に活用するためのサポートを行っています。

インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pangleglobal.com

 

またPangleでのマネタイズにご興味のある方は、こちらからお問合せください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。