TikTok、青少年保護強化のために年齢認証システムを全ユーザー向けに変更 | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

TikTok、青少年保護強化のために年齢認証システムを全ユーザー向けに変更

2021-02-01

TikTokのミッションは、人々の創造性を引き出し、喜びを提供することです。

TikTokは、ユーザーが高い信頼性の下、コンテンツを創造・共有し、取り巻く世界を発見し、世界中の人々とつながりを持つことができるグローバルコミュニティを構築しています。また、TikTokは、このコミュニティを安全に維持していくことも約束します。

TikTok、青少年保護強化のために年齢認証システムを全ユーザー向けに変更

2021年2月4日より、TikTokは従前より進めている青少年保護施策をさらに強化するために、新規登録時に実施していた年齢認証を、新規登録時に年齢認証を経ていない従来から利用している全ユーザーに対しても適用します。TikTokは、ユーザーの安全性とプライバシーの保護を最重要視し、これらを確保するための対策を拡大・進化させるための取り組みを継続的に推進しています。TikTokがサービス規約により規定している13歳以上のユーザーの利用、そして先日発表した青少年のオンライン上でのプライバシー保護に関する安全性を強化した機能変更について、より明確にするために全ユーザーに向けた年齢認証を導入するに至りました。

具体的にはTikTokを起動した際、以下の通り、生年月日により年齢を確認させていただきます。

 

具体的な使用方法:

TikTokの起動時、年齢認証画面が表示されるようになります。

※本機能の導入による各OSのアプリストアでの年齢認証への影響はありません。
※2021年2月4日より全ユーザー様に対して順次適用されていきます。

TikTokは、社内外の専門家・関係機関との意見交換を継続しつつ、青少年の安全の確保に向け、より安全でわかりやすく、使いやすい環境整備に向け、継続的に改善を推進しています。

TikTokの安全なプラットフォーム環境推進のための詳しい情報はセーフティーセンター、セーフティーブログからご確認ください。また、TikTok内のTikTok安全推進チームアカウント@tiktoksafety_jpのショートムービーも是非ご覧ください。

TikTokは、創造的で楽しいプラットフォーム環境醸成のための改善を引き続き行なってまいります。

 

TikTokの安全性についてもっと知りたい方はこちらをご確認ください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。