DelightRoom、Pangleとのパートナーシップで安定したアプリ収益化を実現 | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

DelightRoom、Pangleとのパートナーシップで安定したアプリ収益化を実現

2021-09-03

韓国のアプリパブリッシャーのDelightRoomは、「毎日、世界中の人々に素晴らしい朝をお届けする」というミッションに取り組み、目覚ましアプリ「Alarmy – 目覚まし音楽(おこしてME)」をリリース。世界でのアプリダウンロード数が5,000万を超える大人気アプリとなりました。

Alarmy – 目覚まし音楽(おこしてME)」はアメリカ、日本、韓国で幅広く利用されており、ロシアやインドなどの国々でも利用者が増加。DelightRoomは、さらなるグローバル展開を見据えてPangleとパートナーシップを結び、「Alarmy – 目覚まし音楽(おこしてME)」の広告戦略の強化に乗り出しました。

今回、DelightRoomから、Pangleとのパートナーシップによるモバイルアプリの収益化及び広告フォーマット、広告戦略の変化についてお話をお聞きしました。

DelightRoom、Pangleとのパートナーシップで安定したアプリ収益化を実現

変化を続けるモバイルアプリ業界で広告収益を確保

最近のモバイルアプリ業界で起きた最大の変化は、iOS 14/14.5の登場とそれに伴うIDFA (Identifier for Advertisers)の変更す。広告配信のためのデータ収集にユーザーからの承諾が必須となったため、Delight Roomも同業者の多くと同様に、当初はeCPMが急落すると予想していました。

 

DelightRoomコメント:
「私たちはこの変化に先回りして対応することを決めました。iOS 14が登場した時、ユーザーに対しては、なぜ急にポップアップ通知を出し、データ収集の承諾が必要になったのかを説明しました。これに加え、データが広告目的に使用されることや、そのデータをもとに得られる収益でアプリを運営していることなど、事実を正直に伝えることにしました。」

 

その結果、DelightRoomは多くのユーザーからの理解が得られ、データー収集を承諾してもらうための文言作成により、一度は30%に下がった承諾率を52%にまで上昇させることに成功しました。
この経験からDelightRoomは、ユーザーがこのようなポップアップ通知の情報に注意を払っていることに気づきました。ユーザーが自ら選択して広告を表示することと、パブリッシャーがIDFAのついていない広告を売ろうとする行為の違いを、正しく区別できたのです。

おそらく数年以内に同様の変化がAndroidでも起こり得るため、この教訓が役立つときが訪れるでしょう。

広告プレースメントの最適化戦略

DelightRoomは現在、バナー広告とネイティブ広告を使用しています。バナー広告は安定したeCPMとフィルレートに貢献しますが、ネイティブ広告はユーザーの操作を邪魔しないため、ユーザーエクスペリエンス(UX)の観点で最適なことが分かっています。
ただ、ユーザーエクスペリエンスは重要ではありますが、ネイティブ広告を提供するデマンドパートナーはそれほど多くはありません。そのためフィルレート向上のために大きな画像のバナー広告を導入し、アプリのホーム画面などユーザーの操作性が重要となる場所では、広告収益よりもユーザーエクスペリエンスが重要視されるネイティブ広告を採用しました。
Pangleは、これら以外にも様々な広告フォーマットについて熟知しており、DelightRoomのようなパートナー企業に収益化戦略を提案することで、高い広告効果とさらなる収益獲得に向けた支援をしています。

 

DelightRoomコメント:
Pangleからは多くのサポートを受けました。Pangle 実装後も、収益化を効率的に行うための指導や提案を提供し続けてくれています。」

ハイブリッド戦略でより良いパフォーマンスを目指す

DelightRoomの広告プレースメントは、従来のウォーターフォール形式とアプリ内入札形式を組み合わせたハイブリッドモデルとなっています。
ウォーターフォール戦略は3層の広告プレースメントから成り、ターゲットeCPMの複数のポイントをデマンドパートナーに提供します。これにより階層内で最適化が行われ、広告プレースメントの競争力を高めることができます。さらに、Pangleのアプリ内入札を活用することで、素晴らしい結果を出しています。

 

DelightRoomコメント:
「これまでPangleは、アプリ内入札において優れたパフォーマンスを発揮してくれました。特に効率性は非常に高いと思います。Pangleは、入札者の中でも、落札数とインプレッション数共に最高を誇っています。また、クリック率(CTR)も他のデマンドパートナーと比較して高い傾向にあります。つまり、Pangleが非常に効率的に入札し、最適なタイミングで最適な広告をユーザーに表示していることがわかります。」

DelightRoomの広告収益を強化

DelightRoomは複数のデマンドパートナーを利用しており、特定のパートナーがどれだけの収益を出しているかを正確に把握することに難しさを感じていました。しかし、Pangle SDKの実装後に収益が増加したことは明らかでした。

 

DelightRoomコメント:
「Pangleを導入して半年が経ちました。すべてを実装し、iOS 14.5の課題を克服した後、パフォーマンスの全容を確認できるようになりました。これまで協業してきた他のパートナーと比べても、導入時の結果は良好でした。5月のPangleからの収益は、全ての広告収入の中でも群を抜いており、特に、提携している他のデマンドパートナーの数(その時点で約18のパートナーと提携)を考えるとその成果は絶大でした。そして、6月には成果が倍になりました。現在はアプリ内入札にもPangleを使用しているので、収益はさらに高くなっているでしょう。」

 

これに加えてインプレッション数も向上そのほとんどのトラフィックシェアをPangleが占めていることがわかりました。DelightRoomは、広告収益のうちPangleが占める割合が近いうちに10%に届くと予想しています。この数値は、これまでトップのアプリ収益化パートナーしか成し得ていません。

Pangleとのパートナーシップでグローバルに展開

DelightRoomは既に海外の市場においてもPangleと連携しており、今後もさらに協力関係を深めていく予定です。「Alarmy」の広告戦略の一端として、同社はアジアやその他の地域での存在感を高めることを目指しており、その過程において、Pangleの協力は欠かせないと考えています。

 

DelightRoomの事業開発担当 ショーン・リー氏コメント:
「Pangleは当社の大切なパートナーです。アプリの収益化に関するアドバイスと最適化への継続的な支援のおかげで、素晴らしい成果を出すことができました。Pangleはプロフェッショナルとして迅速に対応してくれます。新規市場への進出でさらなる協業ができることを楽しみにしています。」

 

Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。

インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pangleglobal.com

またPangleでのマネタイズにご興味のある方は、こちらからお問合せください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。