TikTok動画がきっかけでモノが売れる現象「TikTok売れ」を徹底解説! | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

TikTok動画がきっかけでモノが売れる現象「TikTok売れ」を徹底解説!

2021-11-29

2021年にヒットした数多くの商品の中から、日経トレンディが選ぶ「2021年ヒット商品ベスト30」で第一位に輝いた「TikTok売れ」。

TikTok動画を見たことがきっかけとなり、手頃な商品から高価格帯の商品までさまざまな商品が売れるという現象「TikTok売れ」について徹底解説します。

TikTok動画がきっかけでモノが売れる現象「TikTok売れ」を徹底解説!

ニューノーマルが始まった2020年は、必要なモノを揃えるための消費が主流でしたが、2年目となった2021年になると、新しい購買行動によるヒット商品やトレンドがいくつも生まれました。

その新しい購買行動を象徴しているのが「TikTok売れ」です。

2020年11月に、TikTok For Businessが公開した「TikTokユーザー白書 第3弾」では、エポックメイキングな出来事が多く起こった2020年を契機に変化し始めているマーケティング・コミュニケーションを紐解いており、そこにはすでに、「TikTok売れ」がなぜ起こるのかという問いの答えがありました。

生活様式の変化により、求められ始めた「新しい興味の発見」

三密を避け、ソーシャルディスタンスを取り、働き方も「リモートワーク推奨」へ移行していく中で、「みんなに合わせる」というこれまでの習慣から離れて、「自分らしくある」という新しい行動が生まれ始めています。このように生活スタイルが変わったことで、さまざまなコトやモノに新たに興味を抱く人が多くいるということが発見されました。
これはユーザーの情報接触スタイルにも現れており、インターネット検索のように目的を持ち、直線的に“回答”を求めるスタイルだけでなく、目的を持たずに自由気ままに“回遊”することで、新しい興味や発見に出会うスタイルが増えてきています。
調査結果からは、回遊的な情報接触スタイルで生まれる「興味」は、購買意欲をそそり、消費を喚起するということも分かっています。
TikTokを「目的なく開く」「たまたま面白い動画に出会えるから開く」と回答した人は、主要プラットフォーム4社平均よりも多くなっており、このことはTikTokが、目的を持たない回遊的な情報接触により、新しい興味と出会う場所になっていることを表していると言えます。

「おすすめ視聴」が新しい発見を提供し、フルアテンションが購買に影響

ユーザーにとってTikTokが「新しい興味と出会う場所」になっている背景には、TikTokが常にユーザーファーストな視聴環境を追求し、時代にあった視聴環境を提供し続けていることにあります。

 

■TikTokが提供しているユーザーファーストな視聴環境

  • おすすめ視聴:ユーザーに新しい発見を提供
  • 短尺動画:1分以上の動画に対するストレスを解消
  • 強制視聴なし:視聴の主導権をユーザーへ付与

TikTokは他のプラットフォームと異なり、フォローしていないユーザーの投稿が「おすすめ」フィードに流れてきます。この「おすすめ」フィードは、一人ひとりに合わせたフィードで、各ユーザーの好みを反映しており、興味のあることから、興味のないことまでを調整し、これらを組み合わせた要素をもとに動画をレコメンドしています。

ユーザーに対して、新しい視点やアイデアが体験できる機会を増やしているため、ユーザーが示した興味に関係のない動画や、多くの「いいね」を獲得していない動画に出会うこともあります。

※参考:TikTokが「おすすめ」に動画をレコメンドする仕組み

 

また、TikTokのユーザーファーストな視聴環境は、ユーザーの視聴態度にも影響を与えており、TikTokユーザーは他の主要プラットフォーム3社のユーザーの平均より視聴態度が良好で、フルアテンション(主体的な視聴態度)で観ているユーザーが多いことが分かっています。

フルアテンションは、投稿に対する「いいね」「コメント」「シェア」といったエンゲージメントだけでなく、ユーザーのリアルな行動にも影響を与えています。

「TikTok内で紹介された商品・サービスを購入したことがある」と回答したユーザーは、2018年の12.7%が、2021年には18.0%と増加傾向にあります。

※参考:「TikTokユーザー調査レポート ~TikTokはユーザーにフルアテンション(主体的な視聴態度)で観られる傾向〜

このようないくつかの要因が、TikTokを導火線にしてバズり、モノが売れる現象「TikTok売れ」を生み出しています。

「TikTok売れ」の事例紹介

「TikTok売れ」という現象は2021年より以前から見られていました。音楽業界ではTikTokが新しい楽曲との出合いの場となり、ユーザーがTikTokで発見した楽曲を、自分の動画に使って投稿したことがきっかけでヒットするという現象が相次いで起こっています。

このようなユーザーの自発的なTikTok投稿によって自然発火し、バズって広がるというTikTokならではの現象は、エンターテインメントだけに留まらず、リアルな購買行動にも広がり、お菓子のような手頃な価格の商品から高級車などの高価格帯の商品まで、ジャンルを問わず幅広い商品で「TikTok売れ」として起こっています。

 

スターツ出版「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」

たった一人の読者がTikTokに投稿した動画が反響を呼び、5年前の2016年7月に出版した小説「あの花の咲く丘で、君とまた出会えたら。」の売上が急増。瞬く間に大ヒット作となったという、出版業界で未だかつてない現象が起こりました。

https://tiktok-for-business.co.jp/archives/6800/

 

■Yamagata BMW「BMWのオネーサン」

Yamagata BMW マーケティング担当者が、若者の車離れやコロナ禍により激減した来客数をどうにかしようとTikTokでBMWの魅力を紹介し始めたところ、人口108万人の山形県唯一のBMWディーラーがフォロワー数は10万人以上を獲得。TikTokの投稿で興味を持ち、商談、試乗、成約まで結びついたケースが見られるようになりました。

https://tiktok-for-business.co.jp/archives/8247/

 

■大塚製薬「ファイブミニ」

ロングセラー商品「ファイブミニ」が若い女性を中心としたTikTokユーザーの目に留まり、瞬く間に話題となり、何も仕掛けていないにも関わらず、コンビニの1日の販売数が突然2倍になるという、驚きの現象が起こりました。

https://tiktok-for-business.co.jp/archives/8757/

 

TikTok For Businessは、マーケティングソリューションを実現するプラットフォームです。新しい興味や関心ゴトを探しているオーディエンスと、企業/ブランドを自然に結びつけることで、広告という従来的な枠組みを超えたコミュニケーションを実現。認知拡大から顧客獲得まで、様々なファネルにおけるビジネス課題を解決に導きます。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。