Creator

【TikTokクリエイター】共感できる実況で世界観に引き込んでいくゲーム系コンテンツ

初心者にも簡単な操作方法とわかりやすいUIで、ユーザー誰もがクリエイターになれるTikTok(ティックトック)。

フォロワー数が多く知名度の高いインフルエンサーでなくても、コンテンツ次第で一夜にして拡散する可能性を秘めています。そんな中でも現在人気沸騰中のイチオシクリエイターをインタビュー!

本記事は、気になる動画制作の裏側や彼らの知られざる一面を深堀りして紹介する連載企画です。

第7回は、コンテンツの多様化が進むTikTokの中でも、昨年から急激に人気が高まっているゲーム実況をしているクリエイター、まろさん、なつめさんちさんの2組をご紹介。

 

ファン数15万人超!ゲーム実況クリエイター「まろ」さん

<プロフィール>
自らがゲームをしながら実況する動画を配信。TikTokのファン数は15万人を超える人気ゲーム実況クリエイター。
https://www.tiktok.com/@30284213137

 

ーーゲーム実況の動画配信を始めたきっかけを教えてください。

「荒野行動」というバトルロイヤルゲームが好きで、やっているうちにゲームの腕前が日本トップクラスになったので、それを何かに活かせないかと考えて、ゲーム実況を動画で配信することにしました。「荒野行動」はゲーム人口がかなり多いので、動画を見てくれる人も多いんじゃないかと思いましたし、それ以上に「荒野行動」が好きすぎて(笑)。

動画配信は他の動画配信プラットフォームで2年前に始めましたが、当時はまだ「ゲーム実況」をやっている人が比較的少なく、新規参入しても伸びやすいかなと。今年は5Gが導入されますし、「ゲーム実況」はもっと流行ると思っています。

最初は他の動画配信プラットフォームで活動してきましたが、より多くのユーザーに動画を見てもらいたいと思い、昨年5月ごろからTikTokにも動画をアップするようになりました。

 

ーー投稿するネタを考えるための情報源は?

TikTokの「おすすめ」を見て、いいねやコメントが多いものをチェックしています。特に音源は、トレンドの曲が「おすすめ」でたくさん流れてくるので、それらの曲を使っています。

TikTokで流行っているものは、YouTubeやTwitterなど他のSNSでも流行っていたり、話題になっているので、一通りSNSはチェックしていますね。

 

ーー動画づくりで気をつけているポイントを教えてください。

ゲーム実況には、「他人がプレイしているところを俯瞰で見て実況する」パターンと、「自分がプレイしながらその場で実況する」パターンがありますが、自分の場合は後者です。

実際にプレイしながらしゃべったり、リアクションしたりすると、ユーザーに親しみやすさを感じてもらえるので、動画を見ているユーザーが自分と一体化し、同じ気持ちでゲームの世界に入り込めるよう心がけています。

もう一つの工夫は、みんなが突っ込みやすい環境を作ることです。

例えば、アニメキャラクターの声真似をしている方に、一緒に出演していただくことが多いのですが、「多くの方に馴染みのある国民的人気キャラクターと声が似ている」という点で、まず、興味を持っていただけています。さらに、そのキャラクターのイメージでは、普段言わなさそうなセリフを敢えてしゃべってもらうことで、ユーザーから「このキャラクター、おもしろい!」、「普通はそんなこと言わないよ(笑)!」というようなツッコミのコメントも多数いただきます。こんなふうに、みんなが突っ込みやすい環境を作り、コミュニケーションを取ることを意識していますね。

 

ーーバズる動画づくりのコツがあれば教えてください。

バズる動画とは「エンゲージメントが高い動画」なので、本当にバズりたければ、自分はこれをやりたいからという理由だけで動画を作るのではなく、どういうものが今流行っているのか、音源やネタを調べて、みんながいいねやコメントをしたくなるように工夫することが大事。

ユーザーからの「共感」を得ることができれば、反応してもらいやすくなり、バズることにつながると思います。

 

ーーこれから作ってみたい動画を教えてください。可能であれば得意なジャンル(業界や商材)に絡めて教えてください。

今はゲームがメインですが、アニメも好きなので、ゲームとアニメを掛け合わせて一緒にできれば良いですね。

ゲームの分野を掘り下げるとしたら、ネットで販売されている単発のゲームの実況にも挑戦してみたいです。

ゲームもうますぎるとユーザーが距離を感じたり、ただ上手なプレイを見ているだけになってしまい、自分自身のファンというより、ゲームのプレイのファンになるので、別のゲームが上手にできなければ見てもらえなくなります。そうならないために、敢えて何も知らない状態からゲームをスタートして、見ているユーザーと一緒に覚えていったり、ゲームが上手になっていく過程を共有するようにしています。

ゲーム実況を見るというよりも、動画を見ることが気晴らしになったり、シンプルに楽しんでもらえるようになるといいですね。

 

 

続きが見たくなるストーリー展開が魅力!「なつめさんち」さん

<プロフィール>
夫婦でゲーム実況やお絵描きコンテンツをアップしている。夫はフリーで映像制作をやっており、妻はイラストレーター。ほのぼのとした二人の掛け合いが人気。
https://www.tiktok.com/@natsume_sanchi

 

ーーゲーム実況の動画配信を始めたきっかけを教えてください。

二人ともそこまでゲームがうまいわけではなく、どちらかというとライトゲーマーなんですが、妻のゲーム中の反応が、とてもおもしろかったので、それをコンテンツにしようと思ったのがきっかけです!実は最初、妻には断られていたんですが、OKされる前に機材を買い揃えちゃいました(笑)。
他の動画配信プラットフォームで2年前から動画配信を始めていましたが、TikTokは昨年の7月から。

他のゲーム実況者や知人がTikTokに動画を投稿していて、1日にフォロワーが1,000人増えたという話を聞き、自分たちの動画もより多くの人に見てもらいたいと思って始めました。ちょうど昨年の夏ごろは、ゲーム実況のハッシュタグが特集されていて、投稿するとすぐに一番上に載せてもらえたんです!それも追い風になりましたね。

 

ーー動画づくりで気をつけているポイントを教えてください。

自分たちのゲーム実況は、「ゲームをプレイしているところをその場で実況する」という一般的なスタイルとは違って、ゲームの中におもしろい部分を見つけて、そこに自分たちなりの企画を加えるようにしています。

例えば、対戦型のアクションゲームなのに、対戦中の実況をするのではなく、夫婦それぞれがキャラクターの声真似をしながら寸劇をするというふうに、ゲームをやっていなくても動画コンテンツとして楽しめるようにしています。
TikTokは、寸劇のようにちょっとコミカルなやりとりが、さらっと見るのにちょうど良いという意味ではマッチしていますね!インスタントに楽しめるネタがウケるように思います。
そのゲームの遊び方をあまり知らない人にも楽しんでもらえるような動画を夫婦で作っているからか、「夫婦で見ています。」とか「家族で見ています。」といったコメントをよくもらいます。自分たちの動画がきっかけで、それまでゲームをやっていなかった人が興味を持ってくれたり、「二人のやりとりを見て、そのゲームを買いました。」という声まで聞かれるようになりました!

それからもう一つ、「人は15秒で飽きる」と言われていることもあり、15秒に1回オチをつけたり、変化を加えることを意識しています。

 

ーーバズる動画づくりのコツがあれば教えてください。

「トレンド」や「ニーズ」といった要素を2つ以上掛け合わせることですね!
1
つのトレンドだけ、1つのニーズだけだと誰もがやっています。トレンドのキーワードの中からユーザーに刺さりそうなものを探し当てて、もう一つ別の要素と掛け合わせてみることです。
例えば、最近バズったのが、ボーカロイド曲の「ドーナツホール」の歌詞をイメージしながら、二人がリレー形式で漫画を描き、最終的にはミュージックビデオを作るというものでした。これは、いくつもの要素を掛け合わせて完成したコンテンツです。

人気のタグやおもしろいネタを見つけたら、それをそのまま真似すると元ネタ以上のものにならなかったり、たくさんある動画の中に埋もれてしまうので、自分のアイデアをプラスして、オリジナリティを出すようにしたらいいんじゃないですかね!

 

ーーこれから作ってみたい動画を教えてください。可能であれば得意なジャンル(業界や商材)に絡めて教えてください。

任天堂のゲームとか、今、自分たちがやっているゲームを活用したコンテンツを作っていきたいですね!実際に、動画を見てゲームを買ったというコメントもありましたし。あとはこれまで通り、漫画やイラストを二人で描いたり。

新しい路線としては、料理もやってみたいです!TikTokにはおしゃれ系の料理が多いので、真のズボラ飯とか(笑)。過度に何かを期待しすぎるような内容というよりも、誰もがさらっと見ることができて、気軽に楽しめるようなコンテンツがいいですね!

 

 

TikTokでは多彩な動画クリエイターたちが活躍中

今回は、多様化しているTikTokのコンテンツの中でも、特に人気が高まっているゲーム系ジャンルのクリエイターをご紹介しました。

TikTokでは、様々なジャンルに特化した動画クリエイターたちが、自身のスキルと投稿に対するエンゲージメントの向上を常に考えながら、多くのユーザーに動画を日々届けており、TikTok For Businessでは企業やブランドの課題を解決するために、動画クリエイターを起用したキャンペーンを企画、多くの事例実績を持っています。

TikTokでのプロモーションにご興味がある方は、本ブログのお問い合わせフォームからぜひお気軽にご相談ください!