Pangle

【広告活用事例】タップゲーム『豆腐少女』、プレイアブル広告でコンバージョン率が3倍に!

ユニークなネーミングが印象的な『豆腐少女』は、女の子のキャラクターを画面タップでジャンプさせ、次々と出現する弾力のある豆腐のブロックの上に着地させていくという、誰でも気軽に遊べるモバイルゲームです。

可愛らしいグラフィック、滑らかなアニメーション、シンプルだからこそハマるゲームプレイは、世界中のモバイルゲームユーザーを魅了しています。

ゲーム配信を開始するとすぐに人気ゲームとなりましたが、特に日本市場にはさらなる可能性を感じ、日本市場でのダウンロードの促進、ユーザーベースの拡大を目指してPangleを導入しました。
(参考:2020年上半期、日本モバイルゲーム市場分析

 

ゲームの魅力を広告で体験させ、さらなる成長につなげる

モバイル広告のフォーマットは、静止画像から動画へと変わり、そこにインタラクティブな体験が加わるという進化が急速に訪れています。これにより広告効果と効率性が大幅に高まりました。

数秒間プレイするだけでプレイヤーを夢中にさせる『豆腐少女』の魅力を、最大限に活かす広告フォーマットとして「プレイアブル広告」を採用しました。
(参考:ユーザーが遊びながら自然に接触する広告フォーマットを開発

プレイアブル広告は、広告でありながらゲームのように遊ぶことができるため、ユーザーは事前にダウンロードすることなくアプリの主要な機能を体験することができます。プレイアブル広告はインタラクティブ性が高く、手軽に楽しめるため、コンバージョン率を改善する最も効果的な方法の1つです。また、プレイアブル広告はイメージ広告や動画広告よりも多彩な方法でユーザーを引き付けることができるため、広告主はより幅広い数値指標で広告のパフォーマンスを追跡することができます。

『豆腐少女』のプレイアブル広告には、「タップしてジャンプする」という一番基本的なゲームプレイの指示が1つだけ表示されます。達成するまでプレイし続けられるため、ユーザーはゲームに没頭し、愛着を感じるようになります。

広告でのゲームプレイ中にダウンロードボタンが表示されるため、ゲームをさらにプレイしたいと感じたユーザーは『豆腐少女』のアプリを直接ダウンロードすることができます。このことは、広告でゲームを体験したユーザーが自然な流れでゲームのダウンロードを行う可能性を高めてくれます。

「今すぐプレイ」ボタンが表示された『豆腐少女』のプレイアブル広告

 

CTRとCVRの両方が増加し、ユーザー獲得率が向上

Pangleで実施した『豆腐少女』のプレイアブル広告は、CTR(クリック率)とCVR(コンバージョン率)の両方が増加するという結果につながりました。

プレイアブル広告が表示される可能性は2倍まで高まっており、『豆腐少女』のプレイアブル広告のCVRは、非プレイアブル広告のCVRの3倍の獲得に至りました。

 

「我々のユーザーベースを拡大するうえでPangleは必要不可欠な手段となっています。Pangleのプレイアブル広告が高いCTRとCVRを実現し、全体的に優れた広告効果を発揮しとことにこの上なく満足しています。」

『豆腐少女』開発チーム

 

 

Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。

インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pangleglobal.com

 

またPangleの活用にご興味のある方は、こちらからお問合せください。