TikTokの価値とインパクトを測る新しいBranding Solutions | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

TikTokの価値とインパクトを測る新しいBranding Solutions

2021-10-07

9/29(水)、TikTok For Business初のグローバルオンラインイベントTikTok Worldでは、ブランドパートナーの皆様がTikTokへの投資をより安心して行えるよう、一連の新しいソリューションをご紹介しました。

このイベントで発表したソリューションの一つである「Branding Solutions」についてご紹介します。

また、同時に発表した「Creative Solutions」「Commerce Solutionsについても合わせてご覧ください。

TikTokの価値とインパクトを測る新しいBranding Solutions

TikTokでは、お客様が求めるパフォーマンスと新しい測定方法を模索し、新境地を開拓してきました。TikTokでのインベントリ購入方法、キャンペーンの測定方法、ブランドストーリーのスケールアップ方法など、パートナー企業のニーズに応える新しいツールをご紹介します。

リーチと透明性の強化

ブランド広告主にとって、透明性の高いメディアプランニングと、予測可能なキャンペーンの実施が重要であることは言うまでもありません。

 

Reach & Frequency Buying

Reach & Frequencyは、TikTok Ads Managerの新しい広告バイイング形式で、広告主は、予測可能で最適化されたリーチとコントロールされたフリークエンシーでキャンペーンを事前に予約することができます。

「最も効果的なGo-to-Market戦略を構築する際に透明性を提供し、クライアントの価値を最大化するため、Reach & Frequencyは強力なツールであると考えています。MAGNA Globalでは、結果、誠実さ、そして探究心を原動力としています。ですから、TikTokがプラットフォーム上でのオーディエンスへのリーチとコストを解明するものを提供してくれることに非常に期待しています。」

— MAGNA Global(IPG)グローバル・デジタル・パートナーシップ&メディア・レスポンシビリティー担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、Eli Harris

 

Reach & Frequencyを使用する場合、広告主は、リーチを拡大してより多くのユーザーをターゲットにするか、フリークエンシーを増やして同じ数のユーザーからより多くのインプレッションを獲得するかを選択できます。Reach & Frequencyは、予算やインプレッションの目標、オーディエンスターゲティング、フリークエンシーの設定に応じて、与えられた予算内でどれだけのユーザーにリーチできるかをシステムが予測します。また、Reach & Frequencyは、ブランドが事前にCPMを固定することができるため、広告主は、事前に計画を立て、より予測可能なキャンペーン配信を実現することができます。

また、Reach & Frequencyは、TikTok Ads Managerプラットフォームで高度なキャンペーンレポートを提供しており、広告がプラットフォーム上で配信されている間、ブランドはパフォーマンスを細かくモニターすることができます。つまり、この広告バイイング形式は、TikTokでのメディアプランニングに全く新しいレベルの明快さ、安心感、そして効率性をもたらします。Nielsenの調査で、CMOの82%がデジタルプラットフォームでの広告の無駄を省く方法として、Reach & Frequencyのバイイング形式を挙げているのは、このためだと思われます。

事例紹介: KFC

フライドチキンのファストフード大手であるKFCは、以前からTikTok広告を活用してきましたが、今回の目的は幅広く、同社の豊富な商品ラインナップと味覚を刺激するオファーの認知度を高めることにありました。

KFCは、TikTokでインフィード広告を配信することで知られています。今回のキャンペーンでは、TikTok広告の新しい購入方法であるReach &Frequencyを利用して、食欲をそそる一連の広告を掲載しました。Reach & Frequencyは、ユーザーが広告に接触する回数をコントロールしながら、予測可能で最適化されたリーチでキャンペーンを事前に予約することができます。ブランドがパラメータを入力すると、TikTokはブランドがリーチするユーザー数を予測することができるため、固定のCPMと予測可能なキャンペーンの成功が保証されます。

このキャンペーンは、1,490万回以上のインプレッションを獲得し、790万人以上のユーザーにリーチして、大成功を収めました。TikTok広告はその目的に対して完璧に機能し、膨大なリーチを生み出し、ブランドのリーチとフリークエンシーのパラメータに基づいて最適化された回数である平均1.6回、すべてのユーザーに表示しました。これは、ブランドのリーチとフリークエンシーのパラメーターに基づいて最適化された回数です。

Measuring impact and success

広告パートナーは、TikTokでキャンペーンを行う際に、それがブランドエクイティやオーディエンスが自社ブランドをどのように認識しているかを確認したいと考えています。また、その結果を今後のキャンペーンの最適化や投資効果の最大化に役立てたいと考えています。

 

TikTokブランドリフト調査

TikTokブランドリフト調査では、TikTokユーザーが目にした広告についてどのように感じているかをアンケート形式で測定します。あるブランドの特定の広告を見た人と、その広告を見ていないユーザーにアンケートを送ることで、コンテンツが人々のブランドに対するイメージにどのような影響を与えているのかを実感してもらいます。

当社のブランドリフト調査は、TikTokの体験を念頭に置いて作成されました。各調査は、音楽やモーショングラフィックスを含むネイティブなインフィード形式で提供されます。これにより、人々が「おすすめ」ページをスクロールしているときに期待するのと同じルック&フィールを得ることができます。長期的には、ブランドリフト調査への参加率を高め、広告主へのサービスを向上させることができます。

さらに、当社のブランドリフト調査は、広告主がTikTokでのキャンペーンを微調整する機会にもなります。これは、調査結果に基づいた洞察と最適化の提案を提供するためです。TikTokのブランドリフト調査は、Kantar社とNielsen社の協力を得て実施しています。

 

Viewability Partners

DoubleVerify社MOAT社とのパートナーシップにより、多くのブランドが抱く重要な疑問に答えることができるようになりました。私たちはこれらのパートナーにキャンペーン情報を提供し、パートナーはそれがTikTokでのメディア効果とビューアビリティに関する業界基準を満たしているかどうかを分析します。

 

TikTok Inventory Filter

TikTokインベントリフィルタは、機械学習技術に基づいて構築されており、動画、テキスト、オーディオなどをリスクのレベルに応じて分類します。これにより、広告主はどの種類のコンテンツに隣接して配信したいかを判断することができ、ひいてはブランドの評判をより良く守ることができます。また、グローバルでの期待に応えるために、インベントリフィルターをGARM Brand Safety and Suitability Frameworkと連携させました。

 

Brand Suitability Tools

Integral Ad Science(IAS)およびZefrとのパートナーシップにより、ブランドのキャンペーンが検証済みのコンテンツに隣接して実施されることをより確実にすることができるようになりました。また、2020年に始まったOpenSlateとのパートナーシップにより、TikTokをブランドパートナーにとって安全な場所として維持するために必要なツールを得ることができました。さらに今年は、このパートナーシップが対象となる国やオークションやリーチ&フリークエンシーなど、バイイングの種類を増やしていきます。

 

9/29のTikTok Worldで発表された「Creative Solutions」や「Commerce Solutions」についてもご確認ください。

イベントを見逃した方は、こちらから登録後、オンデマンドでご覧ください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。