「TikTok Made Me Buy It」:ECブームに乗るための3つのヒント | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

「TikTok Made Me Buy It」:ECブームに乗るための3つのヒント

2021-10-29

「TikTok Made Me Buy It」というトレンドを聞いたことがあるでしょうか。もし聞いたことがなければ、大きな商機を逃しているかもしれません。

TikTokはトレンドを生み出し、購買意欲を刺激することで知られており、TikTokのユーザーはモバイルコマースに興味を持ち、最新の購入品を動画で共有することにも喜びを感じています。

実際、モバイル端末で商品やサービスのレビューを投稿する確率は、平均的なインターネットユーザーよりも49%高くなっています(注1)。

(注1) Source: GWI, Q4 2020. Base: All internet users aged 16-64 (excl. China). Question: “In the past month, which of the following things have you done on the internet via any device?TikTok is known for sparking trends and inspiring shoppers.

「TikTok Made Me Buy It」:ECブームに乗るための3つのヒント

ユーザーはTikTokで知った素敵な商品について、「#TikTokMadeMeBuyIt」のようなハッシュタグを使い、楽しい雰囲気の中、説得力のある動画を投稿することで、他のユーザーにも商品を勧めています。

このハッシュタグはTikTokで爆発的に広まり、10億回以上の再生回数を記録し、数多くの商品やブランドがオーガニックな投稿やレビューを通じて拡散されました。その結果、売り上げが大幅に増加し、商品が完売するケースもありました。しかも、恩恵を受けているのは大手ブランドだけではありません。TikTokのコミュニティは、高品質でありながらお手頃な価格の商品にもスポットライトを当てており、売上の増加につなげています。
問題は、「TikTok Made Me Buy It」のブームをブランドがどのように活用すべきかということです。どこから何を始めればいいのでしょうか?商品が拡散されることに絶対的な方法はありませんが、商品を発見してもらうために心に留めておくべきポイントをご紹介します。

TikTokの中の買い物客とつながるための3つのヒント

ヒント1:事前にリサーチされていることを想定する

TikTokユーザーは、買い物をしたり、買ったものを共有したりすることに熱心であることは既にご存じでしょう。その情熱は、ユーザーが「商品に目の肥えた消費者」であることを物語っています。彼らは、自分のライフスタイルに合った最高の商品を見つけ、自分を高めようとしているからです。

何を買うにしても、TikTokユーザーは買う前にリサーチをします。その会社の公式アカウントをチェックしたり、オンライン上の口コミを読んだりしていることでしょう。そのため、ブランドは明確なメッセージを伝え、お客様からのポジティブな感情を引き出すことが重要です。

 

ブランドのアカウントについて:

明確なメッセージを伝えるために必要なアカウントの紹介文や動画、トーン、声、絵文字、ハッシュタグなどにおいては、一貫性が重要です。メッセージはブランド独自のストーリーを伝えるものであり、ユーザーがすぐに理解できるような明確なものでなければなりません。公式ウェブサイトや連絡先など、ビジネスに関する情報をアカウントに追加するには、無料で作れるビジネスアカウントに切り替えるとよいでしょう。これにより、動画のパフォーマンスやフォロワー層に関するリアルタイムのデータやインサイトにもアクセスできるようになります。

 

オンライン上の口コミについて:

オンライン上の肯定的なレビューは不可欠です。お客様からのポジティブなコメントを積極的に集めて、口コミを管理しましょう。具体的には、レビュー動画の投稿を依頼したり、次回購入時に使える割引コードや送料の無料化などのインセンティブを与えたりします。

 

ヒント2:ライフハックとして見せる

ライフハックには様々な形がありますが、TikTokではそれらすべてを見つけることができます。企業やブランドが作るもの、売るものはすべて、必ず何らかの形でユーザーの生活に役立ちます。

特にTikTokでは、「自己啓発」系の商品・サービスが売れています。多くの人が、新しいことを学び、刺激を得ることができるTikTokに惹かれています。彼らは、より良い自分になりたいと思っていますし、他人が最高の自分になる手助けをしたいとも思っています。だからこそ、TikTokコミュニティでは、メイクアップのHow To 動画や面接のコツ、DIYで作れるプロジェクターまで、ライフハックの共有が盛んなのです。

ライフハック、自己啓発、セルフケアなどといった文脈を強調することで、このトレンドを有効活用することができるため、製品の機能だけではなく、ユーザーが体験できるメリットを強調しましょう。商品を起点とした動画ではなく、消費者目線での動画を作るのです。

 

ケーススタディ:

あるEC企業は、LEDライトストリップの売上を最大化するために、自己啓発という切り口を用いました。TikTokの広告では、LEDライトの長さや数、明るさについては一切触れず、その代わりに、LEDの各色がユーザーの生活の質をどのように向上させるかに焦点を当てました。例えば、赤色の明かりは睡眠を促し、緑色は集中力を高め、青色は活力を与えてくれます。こういった広告の方針をとった結果、コンバージョン率は2%、広告費に対するリターンは3倍となりました。

 

ヒント3:ありのままを見せる

TikTokは常に、ユーザーが自由に創造性を発揮し、誰にも批判されない安全な環境で自分自身を表現する場となっており、楽しく、遊び心があります。TikTokのユーザーは、自分の身内や友達だけでなく、自分と同じ興味を持つ世界中の人と共有しているため、他のプラットフォームよりもカジュアルで、ありのままを伝えることができます。

TikTokでは、等身大を見せることが重要であり、それはブランドにとっても同様です。TikTokのコミュニティを利用する一番の方法は、その一部になることです。自分たちが誰で、何をしているのかを共有し、プラットフォーム上で積極的に存在感を示しましょう。あなたのブランドにとって本当に重要なことを世界に示すことで、同様にそれらのことが重要であると信じている人たちとつながることができます。

TikTokのユーザーは、ほとんどの時間を「おすすめ」フィードのスクロールに費やしています。ここに広告が表示されるので、コンテンツがブランドのありのままを喚起することが重要です。本当に魅力的な動画を作成することが、ユーザーの心をつかみ、認知度を高めて購買につなげる最善の方法です。

「TikTok Made Me Buy It」の有効活用を

このブームに乗り、ターゲットとつながるためのユニークな機会を発見してみてはいかがでしょうか。「TikTok Made Me Buy It」を利用して新しいトレンドを作ることで、ブランド力をこれまで以上に向上させることができます。

「どうやって始めればいいのかわからない」といったお悩みのある方は、ブランドを成長させ、オーディエンスとのつながりを深めるために必要な情報を提供しているSmall Business Resource Centerをご覧ください。

また、戦略の策定(Developing your strategy)やTikTokでのクリエイティブ活動(Getting creative)に関する最近の記事もご覧ください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。