今最も注目を集める広告手法、「ネイティブ広告」のメリットを解説 | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

今最も注目を集める広告手法、「ネイティブ広告」のメリットを解説

2021-11-18

ネイティブ広告は、アプリやウェブサイトからの収益獲得において、最も期待できる広告手法の一つです。

Pangleのネイティブ広告のメリットについてご紹介します。
今最も注目を集める広告手法、「ネイティブ広告」のメリットを解説

ネイティブ広告は、ウェブサイトやアプリなどで使用されるオンラインマーケティングの種類の1つで、周りの要素に溶け込むような表示方法が特徴です。ここ何年間か利用されている広告形式のひとつですが、最近になって広告としての価値が改めて注目されてきています。

実際2021年現在のディスプレイ広告収益の74%をネイティブ広告が占めており、ほんの5年前の2016年と比較すると56%も増えています。 

今や、経験豊富な広告主も新規の広告主も、自社の商品やサービスを宣伝する方法としてネイティブ広告に注目しています。特に、アプリ開発者やウェブサイト所有者(パブリッシャー)にとってネイティブ広告は、ユーザー体験を損うことなく収益が得られるため、効果が期待できる手法といえます。70%のユーザーは、従来の広告よりもコンテンツを通して商品やサービスを発見することを好む」という調査結果が示す通り、ネイティブ広告は、広告主とユーザーにとってWin-Winなソリューションと言えるでしょう。   

この記事では、ディスプレイ広告などの他の手法と比較した、ネイティブ広告の主なメリットとその詳細についてご紹介します。

ネイティブ広告とは?

ネイティブ広告とは、ウェブサイトやアプリなどに自然な形で表示される広告です。広告のコンテンツやプレースメントを広告主が操作することがないため、インターフェースにシームレスに、そして自然な形で溶け込みます。結果、ネイティブ広告はユーザー体験の一部となり、その見た目は、スポンサーのタグが小さく表示される以外はアプリのオーガニックコンテンツとほとんど変わりません。

 

ネイティブ広告の代わりになる広告フォーマット

ネイティブ広告のメリットを理解するために、ネイティブ広告以外の広告フォーマットについてご紹介します。

Pangleは、動画リワード広告やインタースティシャル動画広告など様々な種類の広告フォーマットを提供していますが、その中でもバナー広告とディスプレイ広告がネイティブ広告に最も近く、ネイティブ広告と同様、アプリやウェブサイトのインターフェースの一部がバナー広告用にセグメント化され、インプレッション単価(CPM)で配信されます。

ただし、ネイティブ広告と違い、色やデザイン、テキストなどがオーガニックコンテンツと大幅に異なるため、スポンサーコンテンツであることが際立ってしまいます。

ネイティブ広告のメリットとは?

#1 – ユーザー体験を全く損なわず、時には有益となるネイティブ広告

広告は、アプリから収益を得るための最善策であり、ハイブリッドモデルを活用すればさらに効果が上がります。しかし、特定の広告は、ユーザー体験に影響を及ぼすため、アプリの評価を気にしているアプリ開発者にとっては、アプリサービスの妨げになり得ます。

ネイティブ広告の主なメリットのひとつは、アプリのインターフェースにシームレスに溶け込むため、ユーザー体験に影響を及ぼさないことにあります。

ユーザーは、隣り合わせになったオーガニックコンテンツとスポンサーコンテンツを、ごく自然にスクロールします。これにより、スポンサーコンテンツに向けられがちなネガティブな印象を持たれることなく、広告を視聴してもらえます。広告がユーザーの興味を引く内容であれば、アプリの評判を傷つけることなく、広告を掲載できます。ネイティブ広告は、ユーザーが好むオーガニックコンテンツに関連するコンテンツを含むため、高い確率でこのことを達成できるのです。 

 

#2 – 信頼性が高いネイティブ広告

ネイティブ広告の二つ目のメリットは、オーディエンスとの信頼を築くことができる点です。質の低い広告は、アプリやアクティブユーザーベースの成長を妨げるため、Pangleのような高品質の広告を提供するネットワークと協力し、自社のアプリやウェブサイトに最適な広告を選択することが大切です。調査の結果、3分の2の回答者が「従来の広告よりもネイティブコンテンツを信頼する」と答えており、このことからネイティブ広告が高い評判を得ていることがわかります。 
さらに、関連性の高いコンテンツで的確なターゲティングを行うことにより、ユーザーの注目を集めるだけでなく、集めた注目を長く保つことができます。これは、「スパム的である」「ごちゃごちゃしたUIにつながる」という印象を持たれがちな多くのディスプレイ広告とは対照的です。これらの要因は、高いクリック率とパフォーマンスをもたらし、広告主からは今後も広告を表示し続けたいと思わせるでしょう。

 

#3 – 素晴らしい結果をもたらすネイティブ広告

特にモバイル広告やアプリから収益を得たいと考えている開発者にとって効果的なネイティブ広告は、さまざまな状況で非常に優れたパフォーマンスを発揮しています。モバイル広告は、見た目に焦点が置かれることが多く、Webサイトよりもはるかにユーザー体験を重視する傾向にあります。これらを踏まえると、Pangleと協力したアプリ開発者達が、従来のバナー広告やディスプレイ広告からネイティブ広告に切り替えたところ、クリック率が15倍も増加したという事実も不思議ではありません。 
実際にネイティブ広告では、従来のディスプレイ広告と比較して、購入意向が最大18%高く、より頻繁に見ている人の割合が53%高いという結果が出ています。おそらく、ネイティブ広告の信頼性の高さと見た目が、より目の肥えた若年層のオーディエンスにとって魅力的に映るのでしょう。スパム感の強い広告とは対照的に、ユーザーがネイティブ広告にエンゲージする傾向は高く、それに伴いコンバージョンも上昇します。

ネイティブ広告のより良い結果はより多くの利益をもたらし、オーガニックコンテンツとスポンサーコンテンツバランス取れたアプリ内エコシステムの象徴となっています。パブリッシャー、広告ネットワーク、広告主など、関わりがある全ての人々にとって利益をもたらします。

 

#4 – カスタマイズ性が高いネイティブ広告

さらにもう一つのネイティブ広告のメリットは、他に類を見ない柔軟性です。バナー広告と異なり、ネイティブ広告は仕様に合わせてサイズを変更でき、カスタム要素やデザインを思い通りに、オーガニックコンテンツとブレンドすることができます。その結果、アプリのルールに沿った広告を取り入れることができるのです。これは、収益化プロセス全体を通じてアプリのパフォーマンス向上と全体的な成果を管理したいと考える開発者にとって不可欠でしょう。 

 

広告のデザイン、配置場所、使用方法などを十分に理解していれば、ネイティブ広告は収益獲得のための最善策になります。

ネイティブ広告についてさらに知りたい場合は、プレイブックご覧いただくか、こちらからお気軽にお問い合わせください。

 

Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pangleglobal.com/jp

 

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。