広告テスト実施のメリットとは?広告テストを徹底解説! | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

広告テスト実施のメリットとは?広告テストを徹底解説!

2021-11-26

広告テストを実施することは、広告キャンペーンの成功において欠かせない要素の一つです。

この記事では、Pangleで実施できる様々な種類の広告テストについてご紹介します。

広告テスト実施のメリットとは?広告テストを徹底解説!

モバイルアプリで広告テストを実施することによるメリット

広告テストを実施しないまま、アプリに広告を配信することは、莫大な損失につながりかねません。

スマートフォンがユーザーに普及するにつれて、ユーザーがアプリ内のモバイル広告を目にする機会はかつてないほど多くなっています。2021年に実施された調査によると、回答者の57%が「スマートフォンを1日5時間以上使用している」と回答し、一方、「モバイル端末の使用時間が1時間未満である」との回答は、わずか5%でした。モバイル広告への人気が右肩上がりになっている今日、ユーザーが費やす時間の多くは、モバイル広告を多く含むモバイルアプリに費やされています。しかし、モバイル広告のすべてが「良い」広告に分類されるわけではありません。多くの広告は中身が薄く、ユーザーの注意を引くことができないため、広告効果のデータ指標が弱くなり、ユーザー体験を損なう結果につながっています。

広告主、パブリッシャー、ユーザーのどの立場からも、このような状況は望ましくありません。特に、ユーザー獲得のために広告を掲載しようとしているアプリ開発者の立場から見て、広告主が広告の手綱を握り、最良の広告を掲載することはとても重要であり、その方法は多岐にわたります。クリエイティブ、コピー、広告フォーマット、配信対象などの改善に注力することも、もちろん重要です。しかし、広告を改善するために起こすべき行動について知るのは至難の業です。そこで出番となるのが、広告テストです。

 

1. 広告テストとは

広告テストとは、様々な要素の比較に使用するデータを照合することで、同じ広告キャンペーンにおける異なるバージョンの広告を相互に直接比較するプロセスです。このプロセスにより、特定のマーケティング目標に貢献し得る広告をまとめることができます。そして、広告主は良い広告結果を残し、パブリッシャーは高品質な広告によりアプリ自体の品質を上げることができ、ユーザーは興味を掻き立てられてユーザー体験が高まるような広告を視聴することができるのです。

 

2. 利用可能な広告テストの種類

広告テストは、本質的には市場調査であり、最善な実施方法が1つに限られているわけではなく、状況に応じて最善の広告テストの方法も変化します。広告テストの種類は、大まかに市場内広告テスト調査広告テストの2つのカテゴリに分類されます。

 

(1) 市場内広告テスト

市場内広告テストでは、コントロール可能な変数を使用して広告配信を行います。広告の様々なバリエーションの実行結果に基づいて、最も成功する広告要素の組み合わせを導き出し、予算の大部分をその効果的な部分に配分することができます。市場内広告テストの最も一般的な方法は、A/Bスプリット広告テスト複数変数広告テストの2つです。

 

■A/Bスプリット広告テスト

A/Bスプリット広告テストは、1つの変数を変更することで、2つの広告バージョンを比較する方法でどちらのバージョンの広告が優れた広告効果を生むのかを判断するために使用されます。このテストでは、広告を表示するユーザーを2つのグループに分け、一方のグループにバージョンAを配信し、もう一方にバージョンBを配信してから、各グループにおける広告効果を測定します。どちらか1つのバージョンの広告効果が優れていることが確認できた場合は、すべての広告費をそのバージョンの広告に当てて配信します。

 

複数変数広告テスト

複数変数広告テスト「A/Bスプリット広告テスト」と相似的ですが、変更する変数の数を大幅に増加させたものです。すべてのモバイル広告には、画像上のテキスト、CTAのプレースメント、配色、グラフィックスなど、一連の変数が存在します。複数変数広告テストでは、これらの要素のいくつかを同時に変更し、様々な要素の最適な組み合わせを見つけるために、あらゆる広告バージョンを多数作成できます。このテストは、より理想的な広告を作成するための迅速な方法である一方、作成できるバリエーションが豊富であることから、各変数のサンプルサイズを実用的なサイズにするため、より多くのトラフィックを必要とします。

 

(2) 調査テスト

市場内広告テストとは異なり、調査広告テストでは実際に広告を配信することはありません。代わりに、回答者に広告を表示してフィードバックを収集し、実用的なデータとインサイトを得ます。調査広告テストには、モナディック広告テスト」シーケンシャル・モナディック広告テスト」の2種類があります。

 

モナディック広告テスト

モナディック広告テストでは、いくつかの異なる広告バリエーションを使用する場合があります。このテストでは、調査の各参加者に1つの広告を個別に表示し、フィードバックの提供を求めます。この調査を実施する利点は、2つあります。1つ目の利点は、提示される広告が1つしかないため、参加者の意見が他のバリエーションからの影響を受けないことです。2つ目は、各参加者が確認する広告は1つだけであるため、調査時間の短縮を図れることです。その一方で「モナディック広告テストの欠点は、複数変数広告テストの欠点に類似しています。この広告テストで多数の広告バリエーションから意味のある結果を得るためには、多数の回答者を必要とするということです。

 

■シーケンシャル・モナディック広告テスト

「モナディック広告テスト」の代替案として、シーケンシャル・モナディック広告テストが挙げれられます。このテストは、回答者に問う質問を含め、原則モナディック広告テストと同様です。ただし、このテストでは、各調査参加者に1つの広告バージョンに関するフィードバックを求めるのではなく、複数の広告バリエーションに関するフィードバックを求めます。シーケンシャルモナディック広告テストを実行する利点は、多数の広告バリエーションに関する貴重なフィードバックを獲得し、少ない回答からでも、どのバージョンが最適であるかを知ることができることです。しかし、さまざまな広告バリエーションに関するフィードバックは、先行して提示された広告によって、ある程度影響を受けてしまいます。

 

広告テストにおける広告評価について

広告の有効性を評価する方法は、広告の最終的な目標が何であるかによりさまざまです。いくつかの便利なデータ指標とその意味を以下で紹介します。

 

CTR(クリック率):広告へのクリック数とトラフィックの最大化を図る場合、CTRの指標の追跡は大切です。

 

CVR(コンバージョン率):モバイル広告の視聴者のうちコンバージョンに進んだ人数を知ることができる実用的な指標です。トラフィックやクリック数の質に基づいて広告の理解や比較をしたい場合に使用されます。

 

CPI(インプレッション1つあたりのコンバージョン数):コンバージョン率とクリック率はどちらも実用的な指標ですが、インプレッション数しか数字が判明しない場合、獲得したコンバージョン数を特定することができません。広告テストにおいて、CPIの統計値は、CTRとCVRを組み合わせることで、特定の広告変数がもたらす価値を理解することができます。

 

CPA(顧客獲得単価):広告からのコンバージョン数からは全体像が掴みにくい場合がありますが、コンバージョン単価は予算が少ない広告主にとって重要な指標になります。

 

ROAS(広告費用対効果):広告費用に費やした金額から得た効果を測定する指標です。

 

広告テストを実施するメリット

広告テストの最大の目的は、広告予算を最大限に活用することです。アプリ開発者の立場から見て、広告テストを実施することなく広告を配信し、広告予算に対して最大の利益やユーザー数を獲得することは大変困難なことです。ユーザー数の増加はアプリの成長に欠かせない要素であるとともに、収益化に大きく貢献するものです。

 

(1) 広告テストと市場性テストの関連性と重要点

市場性テストは、製品またはサービスの様々なバージョンをテストし、どのバージョンが配信対象に最も適しているかを決定するプロセスです。このプロセスにより、最も有効または無効な項目を判明させることで、アプリに対する市場の関心を測定することができます。
市場性テストは、モバイルゲーム開発者に頻繁に使用されています。周辺状況を確認し、新しいゲームやアップデートが対象となる市場で成功できるかを確認したい場合などが、テストの使用例として挙げられます。
市場性テストの実施において最も効果的な方法の1つは、Pangleなどの広告ネットワークを利用しながらアプリ内モバイル広告を配信することです。広告ネットワークと広告テストを組み合わせることで、市場状況とアプリの需要について、より徹底的かつ詳細な情報を得ることができます。そういった点からも、市場におけるアプリに対する最も正確な関心を獲得するには、最良の広告を配信することが不可欠です。

 

(2) 広告テストがアプリ内広告の視認性を高める仕組み

モバイル広告の視認性とは、アプリ内において広告を視聴することに費やされた時間の割合です。割合の数値は高ければ高いほど良いとされ、 モバイル広告の視認性は、アプリ内広告のクリック率とそれに続く結果に密接に関連しており、与える影響の大きさから、広告の成功を理解するための便利な指標と言えます。広告テストの実施により作成した広告が最良なものになると、モバイル広告の視認性が向上し、マーケティング広告キャンペーンの結果も向上します。2020年に世界のモバイル広告の視認率が前年から13.6%増加して70.8%になったことからも分かるように、業界内では激しい競争が繰り広げられています。特に広告の視認性の数値では、競合他社にリードを取ることで、最良で最も長期的な結果を得ることができるのです。

 

A/Bスプリット広告テスト複数変数広告テストなど、広告テストについてさらに詳細を知りたい場合は、リソースセンターご覧いただくか、こちらからお気軽にお問い合わせください。

 

Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pangleglobal.com/jp

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。