アプリ内モバイル広告による収益獲得とアプリの成長を両立させる方法 | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

アプリ内モバイル広告による収益獲得とアプリの成長を両立させる方法

2022-01-05

モバイルアプリで収益を生むための最適な方法の一つである「アプリ内モバイル広告」。

本記事では、アプリ内モバイル広告による収益化に向けて、検討すべき点を全てご紹介します。

アプリ内モバイル広告による収益獲得とアプリの成長を両立させる方法

世界中で注目を集めるアプリ収益化戦略「アプリ内モバイル広告」

アプリ開発者が成功するまでの最大の難関は、モバイルアプリをマーケティングし、ユーザーベースを成長させながら、利益を生み出すことです。この2つを両立させることは、一見矛盾しているように見えます。なぜなら、ユーザーは無料のアプリを好み、同じようなアプリであれば無料のアプリに飛びつくことが容易に想像できるからです。しかし、無料アプリは収益を生み出すことができません。アプリ開発で成功するためには、ターゲット市場のニーズに合った質の高いモバイルアプリを開発することだけでなく、プロジェクトの開発と改善を続ける上で十分な収益を得る方法を知ることが重要になってきます。

そこで役立つのがアプリの収益化戦略です。いくつか選択肢がある中で、世界中で注目を集めている収益化戦略が「アプリ内モバイル広告」です。

本記事では、アプリ開発者の成功に向けて、長期的にアプリの成長を維持しながら、アプリ内モバイル広告の活用で収益を得る方法をご紹介します。

 

モバイルアプリで収益を生む「アプリ内モバイル広告」の利点

アプリ内広告は、アプリ開発者がアプリから収益を得るための選択肢として、ここ数年で大きく成長してきました。2023年までに、広告主がモバイル広告に費やす額は、3,500億米ドル近くに上ると予測されています。

アプリ内モバイル広告は、アプリから直接収益を得るのではなく、ユーザーベースから収益を得ることができるため、アプリのサービス自体は無料で維持することができます。

アプリ内モバイル広告の主な利点は、モバイルユーザーがアプリをダウンロードしたり、使用することを妨げるペイウォールがないことです。アプリのダウンロード前に課金させる場合、ユーザー単位で獲得できる収益は多くなります。しかし、長期的な視点に立つと、アプリのダウンロードを無料にすることで膨大な数のユーザーを獲得してから、アプリ内モバイル広告を活用する方がはるかに高い収益を生むことができます。但し、それにはアプリ内モバイル広告の利点の本質を理解し、その他の収益化オプションも検討する必要があります。

 

アプリ内モバイル広告以外の収益化オプション

  • 有料ダウンロード:アプリダウンロード1回につき、定額の料金を請求する方法です。

  • サブスクリプションモデル:一般的にこのモデルでは、アプリダウンロードは無料で、アプリ機能の一部または特定の期間のみ全ての機能を利用可能にしています。開発者はアクティブなユーザーベースから毎月収益を得ることができ、また、ユーザーにさらなる機能へのアクセスを提供したり、インターフェースから広告を削除したりすることができます。

  • アプリ内購入:このモデルでは、ユーザーが直接アプリのインターフェースから追加機能やゲームのライフなどを購入することができます。

これらの収益化オプションを選択する上での課題は、ユーザー維持率やアプリの成長に影響させることなく利用する方法を考えなければいけないことです。適切かつ戦略的に行うことができれば、アプリ内広告は利益を生むため、更なるアプリ開発に資金を投入することができ、アプリの成長を促進させることができるでしょう。

モバイルアプリ収益化戦略における4つの検討ポイント

アプリ内モバイル広告から収益を得ることは、広告の掲載スペースをアプリに確保して完了というほど簡単ではありません。考慮すべき要素はいくつかあり、要素の一つ一つがアプリ内広告の成功を左右します。そしてこれは、広告主がアプリでどれだけキャンペーンを継続して配信したいかに影響します。

アプリの収益化において、ハイブリッドのアプローチという選択肢があります。アプリ内モバイル広告をサブスクリプションモデルなど、別の戦略と組み合わせることで、ユーザーベースを拡大しながら、収益をさらに増やすことができます。

詳細については、こちらまたは成功事例をご覧ください。

ここからは、新たな収益化戦略に向けて、検討すべき4つのポイントについて説明します。

 

1. 適切な広告ネットワークを選択する

適切な広告ネットワークと協力すれば、モバイルアプリでの収益化は難しくありませんが、不適切な広告ネットワークとでは、成功の可能性が大幅に損なわれる恐れがあります。広告ネットワークには、オーダーメイドのパーソナライズされたサービスを提供するPangleやTikTok広告のニーズに専門的・独占的に対応できるTikTok For Business、APAC市場の専門家など、様々なものがあります。

アプリに最適な広告ネットワークを選択するまでには、ターゲット市場、その市場に最適な広告タイプ、活用するモバイル広告戦略の全容について、明確に理解しておく必要があります。

広告費はキャンペーンの成功に比例しないため、パブリッシャーの場合は、CPMモデルを介して支払いを行う広告ネットワークを選択することが非常に有益と言えるでしょう。キャンペーンのeCPM(広告表示1,000回あたりの広告費)は、推定収益をインプレッション総数で割り、1000を掛けることで求められます。
例えば、広告キャンペーンが10,000のインプレッション数を得た後に100ドルの収益を生み出した場合、パブリッシャーは1000インプレッション毎に1ドルの収益を得ることになります。

成果の高いキャンペーンを持つ広告主は、より意欲的に広告ネットワークとアプリを介して広告を配信し続けるでしょう。これは広告主とパブリッシャーの双方にとって有益です。しかし、広告主とパブリッシャーの双方が必要な役割を果たさなければ、これを達成することはできません。それが次に紹介するポイントです。

 

2. 様々なアプリ内モバイル広告フォーマットを比較する

キャンペーンに多様な構造があるのと同様、特定のアプリやターゲット市場に有益となるアプリ内モバイル広告フォーマットも様々です。アプリの性質とユーザーベースの行動特性によっては、特定の種類の広告を優先的に配信するのが良いでしょう。他のアプリでは結果が出なかった広告フォーマットが、特定のアプリでは成功したというケースがいくつものアプリで見られています。そのためには、適切な広告ネットワークの専門チームから協力を得ることが重要で、最適な方法を素早く見つけることができれば、最初から適切な広告フォーマットを選択することができるのです。
以下は、アプリ内モバイル広告フォーマットの概要です。
  • 動画リワード広告:広告を視聴すると、ユーザーはいくつかのアプリ内報酬を受け取ることができます。
  • インタースティシャル動画広告:自然なブレークポイントでアプリのUI内に表示される全画面広告です。
  • ネイティブ広告:アプリ内コンテンツに溶け込み、自然かつシームレスに表示される広告です。
  • バナー広告:様々な形やサイズでアプリ全体に溶け込んで表示される広告です。

各広告フォーマットは、様々なアプリにとって有益で、異なるレベルの成功を収めるでしょう。ターゲット市場を考慮し、アプリ内モバイル広告でアプリから最大限の利益を得るために、適切な選択を行いましょう。

各広告フォーマットの全容については、こちらをご覧ください

 

3. 広告フォーマットごとに見込める収益を知る

アプリが広告によって獲得できる1件あたりの収益は、アプリが配信している広告の種類によって異なります。例えば、バナー広告はインタースティシャル広告と比べると、得られる収益は少なくなります。特定のアプリ戦略でどれだけの収益が見込まれるかをより深く理解するには、まず、広告ネットワークと相談することが重要です。

 

4. 広告収益とアプリの成長のバランスを見極める

広告は、アプリ開発者がモバイルアプリで収益を得るための最適なリソースかつ最善の方法です。しかし、広告収益とアプリの成長との適切なバランスを見極めることが、長期的な成功には不可欠です。
ユーザーのプロファイルに適さない広告が多すぎると、短期的には収益が得られても、長期的なアプリの成長は見込めないでしょう。Pangleを始めとした評価の高い広告ネットワークの協力を得ることで、広告収益とアプリの成長を最適なバランスへと導くことができます。それにより、広告でモバイルアプリから得られる収益を最大化することができ、同時にアプリの今後の成長を促すことができます。

 

アプリ内モバイル広告の詳細を知りたい、また、アプリ内広告での収益化の旅を始めたい方は、リソースセンターをご覧いただくか、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pangleglobal.com/jp

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。