新しい時代における「TikTok流、注目の集め方」 | 【公式】TikTok for Business: TikTok広告

新しい時代における「TikTok流、注目の集め方」

2022-08-04

技術の進歩により、いつでも、どこでも大量の情報を入手できるようになったため、消費者の関心を引くことが複雑化しています。そのため、ブランドの価値と希少性は「どれだけ注目を集められるか」によって決まります。

新しい時代のエンターテインメントにより、消費者を集めることができるTikTok流の「注目の集め方」をご紹介します。

新しい時代における「TikTok流、注目の集め方」

かつて消費者の主な情報源がテレビだった時代は、テレビ番組のスケジュールによって視聴者の注目を予測することができ、ゴールデンタイムへの広告出稿で消費者の関心を簡単に引くことができました。

しかし技術の進歩によって、いつでも、世界のどこからでも大量の情報を入手できる時代になり、より複雑化した消費者の関心をどのように引くかが、大きな課題になっています。

その中でTikTokは、「新しい時代のエンターテイメントを活用し、消費者の注目を集める」という解決策を提供しています。

TikTokユーザーはTikTokでの体験において、他メディアとは異なる独特な没入をしており、ユーザーの46%が「TikTokのコンテンツはながら視聴せず、集中している」と回答しています。(1)

その背景には、TikTokが「新しい声や無限のアイデアの発見」「脆弱性を受け入れる多様なコミュニティ」「影響力のある包括的なカルチャー」の提供があり、ユーザーが他のプラットフォームを使用しなくなる要因にもつながっています。

「エンターテインメント」「コネクション」「教育」が一体となったTikTokは、業界内でも類を見ない方法によって視聴者の注目を集め、広告主のビジネスの成長を促進しています。

TikTok流、注目の集め方

1. ストーリーテリングが比類なきエンゲージメントを生む

TikTokのユーザーは、アプリをスクロールするだけでなく、見たものに対して行動を起こしています。

Neuro-Insight社と共同で実施した調査によると、TikTokユーザーは他のプラットフォームよりもTikTokでより頻繁に、より一貫してコンテンツにエンゲージしており(2)、他のプラットフォームとは異なった関わり方をしていることが分かっています。

 

米国 Neuro-Insight社 CEO兼創設者 Pranav Yadav氏コメント:

TikTokはNeuro-Insight社と提携し、インパクトの質に光を当てる研究を進めています。TikTokのユニークなニューロシグネチャーの理解に役立つこの研究は、TikTokとそのブランドクライアントが、優れたTikTok広告とは何かというニュアンスを読み解くのに役立っています。

 

TikTokというプラットフォームがユニークなのは、TikTokによって創造力を得たユーザーの「信憑性」と「リアルさ」です。10億人以上のユーザーが映画1本分のコンテンツを視聴しているこのプラットフォームにおいて、ユーザーは単に「おすすめフィード」を流し見しているだけではなく、情緒的に密接なつながりを形成しています。

ユーザーの関心を引き付け、注目を集めるためには、TikTokのストーリーテリングツールの活用が不可欠です。

テキストオーバーレイ、音楽、ブランド露出、シーンチェンジなどのクリエイティブトリガーは、重要なストーリー要素が導入されることをユーザーに知らせます。これらのトリガーをコンテンツに組み込んだブランドは、他のプラットフォーム使用した場合よりも記憶に残る広告を提供できています(3)。

 

米国 Neuro-Insight社 CEO兼創設者 Pranav Yadav氏コメント:

異なるプラットフォームの相互作用に関する専門知識と、各プラットフォームの最適な使用方法に関する深い理解が、今日の成功するブランドづくりの鍵です。

長期記憶は、これまでオフラインの売上と相関があるとされてきました。この研究は、ブランドが主要な指標に沿ったインパクトを最大化するのに役立ちます。また、ブランドが最高品質のインパクトを生み出すために必要で最適な『情報の密度』を明らかにしました。これらの研究は、TikTok上でブランドが、注目だけでなく、記憶に残る広告と行動に繋がる示唆を理解するための強力な基盤となります。

 

2. TikTokでのつながりが、行動的な関心を呼び起こす

ブランドは、ストーリーテリングによって注目を集めると同時に、TikTokの視聴者とつながることで、ブランドとの親和性ブランド想起、ブランドの資本価値の強化を促しています。このブランド構築活動の高まりは、TikTokの広告が単に注目を集めるだけでなく、ビジネスを推進するための持続的な関心を集めていることを証明しています。

他のプラットフォームの場合、広告を見るだけではブランドへの親近感は湧かず、むしろユーザー体験を中断しています。TikTokと他のプラットフォームとの違いは「広告が非常に魅力的」だということです。Nielsen社の協力により、TikTokの広告は「楽しく、ユニークで、信頼できる」とユーザーに評価されていることがわかりました。(5)

TikTokというプラットフォームのインタラクティブでポジティブな性質は、広告をブランド構築のチャンスに変えています。購買意欲やブランド想起を高めたい場合、TikTok広告のクリエイティブな要素に視覚的な注目を集めることが、ブランド、製品、ストーリーへの関心を高める鍵になります。

 

3. TikTok広告活用のカギは、オーガニック投稿での「プライミング効果」

TikTok単体でも、他のプラットフォームと組み合わせた場合でも、ユーザーが予め視聴しているコンテンツによって、広告のパフォーマンスが強化されます。

Neurons社と共同で実施した調査によると、TikTok単体の場合、ユーザーが有料広告の前にブランドのオーガニックコンテンツを見た時のブランド想起は27%増となっていました(6)。 その一因として、有料広告がプラットフォームにシームレスに溶け込んでいることが考えられ、ユーザーからは、「たった2回の露出の後の有料広告は、TikTok体験をあまり妨げていなかった」との声が聞かれました。

予め見聞きした情報が、その後の行動に対して無意識のうちに影響を与えることを「プライミング効果」と呼びますが、まさに、ブランドのオーガニック投稿での「プライミング効果」こそ、TikTok広告の効果を高めるカギだと言えます。

「プライミング効果」は、TikTok単体だけでなくプラットフォームを超えて存在します。TikTokとテレビの両方で広告を見たユーザーは、広告の詳細、全体的なストーリー、自分自身の個人的なつながりに対して、より強く同調するようになります(7)。

その結果、ブランディングの瞬間により注目し、広告をより好きで適切だと感じ、ブランドに対してもよりポジティブな印象を持ちます(8)。

 

4. クリエイティブが注目に与える影響

TikTokの最も際立った利点の1つは、コンテンツの品質が優れている点です。そのため、どんなクリエイティブを提供するかがユーザーの注目度に直接影響していると言えます。

Lumen社との提携によって、ユーザーにブランドを想起させ、その場で視聴を促すための具体的なクリエイティブアセットを発見しました。

ユーザーがTikTok体験に没頭している間にブランドが注目を集めるためには、TikTokのカルチャーである「信頼性」と「コミュニティ主導のエンターテイメント」にシームレスに溶け込むことが必要です。それは、ユーザーの視聴時間の延長につながります。実在の人物を登場させ、数あるTikTokのトレンドを利用してストーリーを作ることは、ユーザーのスクロールを中断させ、コンテンツに釘付けにすることができます。

広告を視聴する時間が長いほどブランドインパクトが高くなると言われる中、MediaScience社と共同で行った調査によると、「TikTok広告の視聴が6秒未満」と「TikTok広告の視聴が20秒以上」でのインパクトを比較した際、どちらも効率的に強いインパクトを与えていることがわかりました(10)。

TikTok広告では、ブランドロゴ、CTA、製品そのものが表示されるため、ブランド想起が高まっています。

 

エンゲージメント、ブランド構築、プライミング効果による親近感、創造性といったすべてが、TikTokでユーザーの注目を集めるための重要な要素です。

TikTokは、ユーザーの注目が集まり、成長し続ける場所として、ブランドを迎え入れたいと考えています。

TikTokビジネスアカウントを活用して、ユーザーをブランドのストーリーに引き込み、大きな成果をもたらすコンテンツ作りを始めましょう。

 

参照元:
(1) TikTok Marketing Science Global Time Well Spent 2021年 Kantar社調べ
(2) Neuro-Insight「TikTok: Successfully Advertise on the World’s Hottest Content Platform」米国、2021年
(3) TikTok Marketing Science Global Information Density Study 2021年 Neuro-Insight社調べ
(4) TikTok Marketing Science Global Ad Attention & Brand Building Study 2021年 Neurons社調べ
(5) TikTok Marketing Science Global Authenticity Study Nielsen社調べ(米国n=1034、2020年6月&ロシア、ブラジル、メキシコ、オーストラリア、カナダ、インドネシア、韓国、n=1000/各市場、2021年6月)
(6) TikTok Marketing Science Global Organic + Paid Study 2021年 Nielsen社調べ
(7)TikTok Marketing Science UK Impact of Priming 2021年 Neuro-Insights社調べ
(8) TikTok Marketing Science Global Cross Platform Study 2021年 Neurons社調べ
(9) TikTok Marketing Science US SMB Creative Effectiveness 2022年 Lumen社調べ
(10) TikTok Marketing Science US Value Of A View 2021年 MediaScience社調べ

TikTok for Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok for Businessへお問い合わせください。

関連タグ

TikTokその他・一般事例事例(記事)