アプリ広告の価値をより一層高める「Pangle」活用法とは

2020-04-24

モバイルの活用が進み、アプリ上に表示される広告が増え続けている中、これまでのように明らかに広告だと分かるものから、アプリの内容に合わせた自然なものへと、広告自体も進化しています。
広告を出稿する側も、収益化を保証されないクリック数や露出の頻度によって価格が決まる従来の広告フォーマットではなく、新しいスタイルの広告フォーマットへの投資を検討し始めています。
さまざまな形式の広告フォーマットと課金システムを、最適な組み合わせで活用することが、より効果的な広告キャンペーンを実現します。

TikTok For Businessのムービー広告プラットフォーム「Pangle」は、これらを含むさまざまな広告キャンペーンの展開を可能にします。

アプリ広告の価値をより一層高める「Pangle」活用法とは

Pangleが提供する新しい広告配信システム

Pangleとは、最先端技術により、ターゲットに最適なインタラクティブ広告を配信するムービー広告プラットフォーム。Pangleと提携することで、日本で毎月5,800万人のアクティブユーザーが活用する大規模なモバイルアプリのネットワークにアクセスすることが可能になり、多種多様なユーザーグループを対象とした広告を出稿することができます。

Pangleでは、広告入札に成功すると、Pangleネットワーク内の出稿枠に広告動画が表示されます。広告費は結果に応じて発生するシステムとなっており、収益化されない広告表示については広告費が生じることはありません。そのため、広告主様の広告予算を最大限に活用することが可能となります。

すでにこのシステムを活用し、ハードコアゲーム、カジュアルゲーム、ツール系アプリ、エンタメ系アプリなどが目標を達成しています。

 

広告効果を高める3つのポイント

Pangleは広告キャンペーンを総合的にサポートしますが、さらに効果を高めるためには、以下の3つのポイントがあります。

 

1. プレイアブル型動画広告の使用

縦型全画面動画と短尺動画が世界中でも主流となっており、このタイプの動画を採用する広告主様がますます増えています。またTikTok For Businessの調査データによれば、入札において、動画広告は画像広告よりも10倍も優位であるという結果が出ています。

これに加え、広告主様がプレイアブル型動画広告を用いた場合、さらに3倍もの優位性が生まれたこともデータによって示されています。

ゲームやアプリの見せ場をユーザーに体験させることは、現在そして未来において、より一層効率的で効果的であると言えます。

プレイアブル広告について、詳しくはこちら

 

2. 広告素材の最適化

広告費を有効に活用するためには、広告素材が最大限の効果を発揮しなければなりません。ターゲットとなるユーザーの統計データに合わせて出稿の種類を選択し、広告素材を各セグメントに最適化することでさらに成果を上げることができます。

このようにターゲットを絞り込んで広告配信することにより、見込み客のトラフィックを上げ、コンバージョン率を増加させます。

効果的な広告クリエイティブ制作について、詳しくはこちら

 

3. ブロックリスト機能の活用

あらゆる広告主様にとって、ブランドのイメージを守ることは重要です。

どれだけターゲット層を絞った魅力のある広告を制作しても、関連性がなかったり、またはブランドに傷がつくような出稿枠に表示されたのでは意味がありません。

Pangleには特定のメディアに広告が表示されないように設定できる「ブロックリスト」機能があり、不適切なコンテンツに広告が表示されることを防ぐことができるため、広告主様のブランド保護に役立ちます。

 

 

Pangleは、インタラクティブで高性能なアプリ広告ソリューションを提供するムービー広告プラットフォームです。グローバルではトップクラスのゲームパブリッシャーやアプリへサービスを提供し、業界をリードする広告ソリューションを開発。2019年から正式に日本のマーケットでサービスを開始し、インテリジェントな広告技術により、あらゆる広告主様の幅広いニーズに対して、より効果的で質の高いソリューションを提供しています。

Pangleは、モバイルアプリの広大なネットワークを通じて、広告主様のビジネス拡大に貢献します。

詳しくはこちらをご覧ください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。