エンゲージメントは約4倍に! 急成長しているハッシュタグチャレンジをデータで解説

2020-08-19

UGCが生まれやすく拡散されやすいTikTokは、UGCを巻き込みながら、ブランド認知からブランドベネフィットの体験までトータルで実現することができるプラットフォームです。

TikTokのハッシュタグチャレンジは、企業発のコンテンツでありながらユーザーの興味に軸⾜を置いたコンテンツであるため、UGCとしてブランド体験を創出し、他にはない「共感」と「参加」を促します。

本記事では、急成長している「ハッシュタグチャレンジ」について、最新データとともに解説します。

エンゲージメントは約4倍に! 急成長しているハッシュタグチャレンジをデータで解説

TikTokユーザーの「TikTokを利用する理由」として、ハッシュタグチャレンジが大きな動機の一つとして挙げられています。

一方、企業側にとっては、なぜハッシュタグチャレンジが重要なのでしょうか。

その理由としては

  1. トレンドに乗ってバズる
  2. 参加者をブランドアンバサダーに変えられる
  3. 流行の最前線に立てる
  4. ブランドのフォロワーを巻き込んで、コミュニティを作れる

という点があります。

このような重要性を持つハッシュタグチャレンジは、大きなブランド体験を生み出すプラットフォームであると言えます。

1年で急成長しているハッシュタグチャレンジ

2020年上半期に実施したハッシュタグチャレンジについて、動画再生数、動画数、エンゲージメントなどの指標で2019年上半期と比較。2020年上半期のチャレンジ全体の動画再生数は2019年上半期より114%増加、動画数145%増加、エンゲージメントに至っては285%増加し、約4倍にまで成長、このように驚異的な伸びを見せています。

ハッシュタグチャレンジの成功に貢献している「ブランドエフェクト」

ハッシュタグチャレンジは、ブランドエフェクトをセットで実施することができますが、ブランドエフェクトを組み合わせることでより高い効果を生みます。

ハッシュタグチャレンジのみで実施した場合であってもいずれの指標も伸びています。UGC動画のチャレンジ動画数の平均値は2019の上半期より69%が増加、再生数60%増加、エンゲージメントは178%高くなっています。

しかし、ハッシュタグチャレンジとブランドエフェクトをセットで実施すると、さらに数値は良くなっており、チャレンジの全体を見ると、2020年上半期のブランドエフェクトを利用したハッシュタグチャレンジの参加者数は2019年上半期より158%増加しています。注目すべきところは全体のエンゲージメントで、597%も増加しました。

このように、ブランドエフェクトがハッシュタグチャレンジの成功に貢献していることが明らかであるため、ブランドエフェクトの利用率も増加。2019年上半期では利用率10%が2020年上半期には43%になっています。

ハッシュタグチャレンジと組み合わせることで、さらに強⼒な「ブランド体験ツール」となるブランドエフェクト。より効果的に活用するためのTipsを公開していますので、こちらも併せてご覧ください。
(ブランドエフェクトをより効果的に活用するためのTipsはこちら

 

今後ますますニーズが高まると予想されるハッシュタグチャレンジにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。