ハードゲームのTikTok運用型広告を分析、課金率を高めるクリエイティブTipsを初公開 | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

ハードゲームのTikTok運用型広告を分析、課金率を高めるクリエイティブTipsを初公開

2021-07-20

TikTok For Businessでは、20201月1日〜2021413日に日本でのTikTokにおけるハードゲームの運用型広告を分析し、課金率を高めるクリエイティブTipsを初公開しました。

※本Tipsにおけるハードゲームの定義は以下のジャンルとなります。
MMO、RPG、シミュレーション、バトルロワイヤル、リズムゲーム(IP系)、戦略ゲーム

ハードゲームのTikTok運用型広告を分析、課金率を高めるクリエイティブTipsを初公開

課金率の高いクリエイティブの特徴

 個々の広告を課金率(Payment/CV数)で分析し、特に課金率が高かったクリエイティブ要素を抽出したところ、課金率を高める6つの要素が見えてきました。

 

1. 他コンテンツとのコラボレーション

他コンテンツなどとのコラボレーションを訴求した素材は、そうでない素材より課金率が約180%、CVR200%以上高くなっています。

その中でも、特にTikTokでの動画再生数が多いものとのコラボは、より高い効果が期待できます。

 

2. キャンペーン・イベントの告知がある

キャンペーンやイベントの告知が入っている素材は、告知が入っていない素材よりも課金率が約110%、CVRは約230%高くなっています。

 

3. 当たり・外れ要素がある

スロットマシーン、金の卵、福引など「当たり外れ要素」を入れた素材は、入っていない素材よりも課金率が約120%、CVRは約160%高くなっています。

 

4. ナレーションが入っている

ナレーションが入っている素材は、ナレーションが入っていない素材よりも課金率が約125%高くなっています。

 

5. ガチャ要素を複数回表示している

ガチャ、ジェム、スキン、限定キャラなど「ガチャ要素」を複数回表示している素材は、1回だけしか表示していない素材よりも課金率が約105%CVRが約110%高くなっています。

 

6. ガチャ要素を冒頭5秒以内に表示している

「ガチャ要素」を5秒以内に表示した素材は、5秒以降に表示した素材よりも課金率が約120%高くなっています。

 

このようにクリエイティブの構成要素を工夫することで、ハードゲームでの課金率をより高め、収益拡大につなげることができます。

 

<調査概要>
調査時期:202011日〜2021413
調査データ:条件に合致した計472素材
調査対象:ハードゲームのTikTok運用型広告

※本Tipsにおけるハードゲームと定義するゲームジャンル
MMO、RPG、シミュレーション、バトルロワイヤル、リズムゲーム(IP系)、戦略ゲーム

※ハードゲームに含まれないジャンル例
パズルゲーム、シューティングゲーム、レースゲーム、スポーツゲーム、カジノゲーム、乙女ゲーム、アドベンチャーゲーム、占いゲームなど

 

上記以外にもデータに基づいた詳細な分析を行い、レポートにまとめています。

TikTok Performance AD Creative Tips ―ハードゲーム課金―」完全版レポートをご希望の方は、「お問い合わせ」からご連絡ください。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。