Kantarレポート:ブランドがTikTok広告を通じてユーザーにインパクトを与える方法とは | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

Kantarレポート:ブランドがTikTok広告を通じてユーザーにインパクトを与える方法とは

2021-07-16

TikTokは、多くの人々に喜びと創造性をもたらすエンターテインメントのプラットフォームです。TikTokにおいて「音」は、単なる追加要素ではなくプラットフォームの基本となるもので、ユーザーは「音」を起点に創作活動を行っています。

ユーザーはTikTokで、「音」とこれまでにない新しい関わりを持ち、それにより感情を引き出し、意味のあるつながりを築く能力を高めています。

Kantarレポート:ブランドがTikTok広告を通じてユーザーにインパクトを与える方法とは

TikTokにおける「音」の影響とは?

TikTokでは、「音」の存在が高いエンゲージメント率に繋がっています。その理由を探るため、Kantar社と提携し、デジタル広告における音の影響について調査。TikTokと他のデジタルプラットフォームのユーザーエクスペリエンスを比較したところ、非常に興味深い結果となりました。

 

TikTokでは「音」に対する受容性が高い。

Kantarの調査によると、ユーザーはTikTokの音楽を「楽しい」と感じており、これは音声オフが基本となる他のプラットフォームに比べ66%上回っています。

また、ユーザーにとってTikTokの音楽は、より有益で魅力的だと感じています。その一方で他のプラットフォームでは、音は気を散らすものであり、”煩わしい “とさえ感じられる傾向があります。

このデータが示す通り、TikTokのユーザーやブランドは、他のプラットフォームでは不可能な方法で、音を使って感情を呼び起こし、人々を感動させています。

 

TikTokでの「音」には、スクロール防止の効果が。

写真や動画など、果てしなく続くコンテンツの世界において、音はスクロールを防止する役割を果たします。視覚に加えて聴覚を刺激するコンテンツは、脳をより活性化させ、ゆっくりとした時間の流れの中で体験をよりよく処理するよう促してくれます。

音には人を惹きつける力があり、オーガニックコンテンツでも有料コンテンツでも、人々を完全に結びつけることができます。

今回の調査では73%が、音声付きのTikTokの広告を「立ち止まって見る」と回答、これは他のプラットフォームでの割合よりも大幅に高くなっています。

 

TikTokでは「音」が不可欠。

TikTokユーザーの88%が「TikTokでの体験には音が欠かせない」と回答。

TikTokから音から切り離すことはほぼ不可能であり、音がないTikTokの動画にはあまり意味がないと言えます。ブランドがTikTokで共感を得るためには、音を主要とするクリエイティブの構築が必要となります。

 

TikTokでは「音」が創造性を刺激。

TikTokのユニークなリミックス文化は、エンゲージメントの概念を覆すものです。TikTokのコミュニティでは、新しい音に出会い、それを自分のものにすることが好まれています。

TikTokユーザーは、単に音を消費するだけでなく、他のユーザーやブランドが共有した音からオリジナルのコンテンツを作っています。見ず知らずのユーザー同士が大規模にクリエイティブなコラボレーションを行うことは、TikTokの本質に組み込まれており、音はこれらの関係を結びつける重要な要素となっています。

TikTokのサウンドオンがブランドの成長に貢献

今回の調査では、TikTokのサウンドオンというアプローチは、カスタマージャーニーの各段階にポジティブな影響を与えることが明らかになりました。最初の段階でユーザーの関心を引くところから、最後の段階で購買意欲を高めるところまで、TikTokの音は企業が様々な目標を達成するために役立っています。

 

サウンドオンで、ブランド認知度を大幅にアップ

ブランドのメッセージを届けたい、目立たせたいという目標に対し、TikTokで「音声あり」「音声なし」の両方のキャンペーンを調査したところ、音声の有無にかかわらず競合他社の広告よりもブランド認知度の向上に大きく貢献していることがわかりました。

サウンドをオフにした状態:競合他社の広告と比較してTikTokのブランド認知度は、2.2倍高い
サウンドをオンにした状態:競合他社の広告と比較してTikTokのブランド認知度は、1.2倍高い

 

TikTokの「音」は、新しい情報の拡散に効果的

TikTokで音を出すことは、ブランドを注目させるだけでなく、消費者にブランドのアイデンティティや価値を伝えることに非常に高い効果を発揮します。TikTokは、メッセージを広めることに長けているプラットフォームであると言えます。

59%の人がTikTokの広告から新しいことを学んだと回答
サウンドをオンにした競合他社の広告と比較して、TikTokのブランド理解度は55%向上

 

売上と好感度の向上につながるTikTokの「音」

音声付き広告について調査したところ、競合他社には、音が好感度にマイナスの影響を与えるケースがありました。そんな中、購入意向とブランド好感度の両方が大幅に上昇するプラットフォームはTikTokだけでした。

購入意向度:ブランドの製品やサービスの購入意向度が+6ppアップ
ブランド好感度:ユーザーのブランドに対する好感度が+9ppアップ

初心者のためのTikTokでの「音」の活用ガイド

1. サウンドファーストで作る

調査の結果、TikTokの音が重要なマーケティングツールである理由がわかりました。

単にメッセージを聞かせるだけでなく、オーディエンスに感じてもらうためのものであり、スクロール対策にも役立っています。では、この知識をビジネスに活かすにはどうしたらいいでしょうか?

耳で考え、音を優先して制作する方法は案外簡単なことです。音を中心としたアプローチで結果を出しているブランドの3つの方法をTikTokでご覧ください。

人気の高いライセンス音楽
既存のトレンドに飛び乗り、自社ブランドを流行の一部として位置付けるための迅速で簡単な方法です。

ブランドサウンドの増幅
マクドナルドの “I’m Lovin’ It “ジングルのように、あなたの会社の個性的なオーディオロゴをTikTokキャンペーンにしてみませんか?

新しいサウンドを作成する
音楽プロデューサーやクリエイティブエージェンシーの協力を得て、多くの企業がTikTokのキャンペーンで、オリジナルのオーディオクリップを使用しています。

 

2. 商用音楽ライブラリを活用する。

多くのブランドは、TikTokで使用できる何十万ものライセンス音楽や音源へのアクセスを提供する商用音楽ライブラリーを活用しています。TikTok For Businessのアカウントにログインし、画面上部のサウンドアイコンをクリックするだけで、音源を聴き、試して、考えることができます。音源を探索すれば、キャンペーンを強化するための理想的な音源を見つけることができます。

サウンドファーストのアプローチだから、心に響くメッセージが届く

TikTokは、世界中のコミュニティにメッセージを伝えたいブランドにとって、音の効果を新たなレベルに引き上げます。

他のデジタルプラットフォーム上の広告と比較して、TikTokは情報伝達に優れており、ブランドの認知度、好感度、購買意欲を高めることができます。TikTokが実現するサウンドファーストのアプローチにより、企業はユーザーの心に響くメッセージを届け、成果を得ることが可能となります。

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。

関連タグ