「オールウェイズ・オン」広告テストのメリットとテスト戦略成功のカギ | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

「オールウェイズ・オン」広告テストのメリットとテスト戦略成功のカギ

2022-01-12

TikTokは、ブランドとオーディエンスに深い繋がりをもたらし、認知度、ブランドロイヤリティ、エンゲージメントを向上させることができるプラットフォームです。それは、TikTokが「ありのままの姿」をさらけ出すプラットフォームであることに起因しており、ブランドや企業は「自分らしさ」を出す勇気を持ちさえすれば、最大の利益を得ることも可能になります。

しかし、利益を最大化するためには、キャンペーンの構成、期間、計画内容を工夫する必要があり、デジタルでのキャンペーンは、決して「設定したら終了」ではなく、常に改善の余地があるということを念頭に置く必要があります。

本記事では、オーディエンスやクリエイティブ、コミュニティに響くメッセージなどを学び続けるために最適な手段である、「オールウェイズ・オン」広告テストについて解説します。

「オールウェイズ・オン」広告テストのメリットとテスト戦略成功のカギ

広告テストで測定できること

確かなテスト戦略を立てるためには、「何をテストするのか」「何が測定できるのか」を知る必要があります。TikTokでは、キャンペーンのスプリットテストを迅速かつ簡単に行うことができます。

スプリットテストは、A/Bテストと呼ばれることが多く、TikTok Ads Managerで利用できるテストの1つです。広告主は、2つのグループのパフォーマンスを同時に比較することにより、異なる広告キャンペーン要素の影響をテストすることが可能となります。

TikTok Ads Managerでは、各スプリットテストで1つの変数をテストすることができます。テストを1つの変数に限定することで、広告キャンペーンの各要素の直接的な影響を測定することができます。TikTokでスプリットテストが可能な変数は以下の通りです。

  • ターゲティング
  • クリエイティブ
  • 入札と最適化

例えば、異なる種類の広告をテストすることにより、どのクリエイティブがターゲット層にどのように響くかを確認することができます。同時に、同じクリエイティブを異なるオーディエンスで使用するという別のテストを行うことで、異なるデモグラフィックや購買ファネルの段階における特定のクリエイティブの影響を測定することもできます。

広告テスト戦略構築の事前準備

「オールウェイズ・オン」広告テストを効果的にするためのカギは、常に漸進的な改善に取り組むことです。テスト戦略は、それまでのテストから得た教訓と学習に基づいて構築するべきであるため、問題を完璧に解決することを目指すのではなく、毎回少しずつ改善していくことが大切です。

最初に、主要なパフォーマンス指標を明確にします。長期的な目標が「コンバージョンの向上」「ターゲット層の拡大」「購買ファネルの最上位であるエンゲージメントの促進」のどこにあるかを設定し、何を測定するかを明確にすることで、各変数がKPIのパフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解できるようになります。

広告テストの設定、実行方法

広告テストプログラムを成功させるためには、対照群の管理、テストのバランス、予算、テスト期間など、いくつかの初期設定が必要となります。

 

1. 対照群の管理

広告テスト戦略において、対象群を慎重に管理することが重要となります。

具体的には、以下が重要な項目です。

①一度のスプリットテストにおける変数の数を制限する

②パフォーマンスに影響している外部要因を特定し、変数が調整されない対象群を含める

適切な対照群を設定しなければ、季節性やターゲットの違い、割り当てた変数でないものなど、比較群の間で異なっていたものによって、パフォーマンスの変化が引き起こされてしまいます。その場合、スプリットテストで割り当てた変数の変化によって気づくことができます。

 

2. 広告テストのバランス調整

広告テストのために割り当てた変数以外では、テスト群と対照群ができるだけ同じになるよう、バランスを調整することが重要です。

テスト期間は季節や曜日などを踏まえて同等とし、視聴者の属性は年齢層、地域、社会的・経済的地位など、視聴者の属性が変数でない限りは類似している必要があります。

 

3. テスト予算の設定

テスト開始前に、日毎の支出とテスト群・対照群の予算のバランスを考え、テストの目標予算を設定しておくことが重要です。高品質で十分な量のデータが必要であるため、予算規模は小さすぎないようにしながら、失敗したテストに不必要なお金を注ぎ込まないために大きくなりすぎないように注意して計画します。

 

4. 広告テスト期間の選択

テスト期間の選択はスプリットテストの成否を左右するため、十分な長さの期間を選択する必要があります。変数の影響を確実に測定するためには、最短でも2週間、最長で6週間が必要です。

また、テスト群と対照群の時間帯を一致させることも重要です。TikTokコミュニティでは、ユーザーの行動が曜日によって大きく異なるため、曜日を揃える必要があり、例えば「水曜から火曜までの2週間」と「日曜から土曜までの2週間」という異なる曜日で実施したテスト群では、選択した変数とは関係なく、全く異なる結果をもたらす可能性があります。

成功するテスト戦略とは

広告テストの中でも、特に「オールウェイズ・オン」広告の目的は、時間をかけて学習し、改善していくことです。成功するテスト戦略とは常に目的を持って行うものであり、変数、テスト期間、テスト群、対照群を慎重に選択することで、将来的のより効率的なキャンペーンにつながる洞察を得ることができるものです。

スプリットテストのオプション、利用可能なメトリクスについて詳しくご紹介しています。

 

セルフでTikTokなどのプラットホームに広告出稿出来る、オンライン運用型広告TikTok For Businessに出稿してみましょう!