TikTok広告マネージャーで広告の成果計測をする方法を詳細に解説【Web計測の場合】 | TikTok広告| TikTok For Business

TikTok広告マネージャーで広告の成果計測をする方法を詳細に解説【Web計測の場合】

2021-03-08

TikTok For Business 広告プラットフォームで配信した広告の成果を計測するためには、Webの場合は『ピクセル(計測タグ又はトラッキングコード)イベントユーザーの特定アクション』の設定が必要です。

また、コンバージョン地点にピクセルとイベントを設定することで、よりコンバージョンしそうな人に配信し、目標のCPAで獲得できるよう最適化をかけて配信するタイプ(コンバージョン最適化)も実施可能となります。

本記事では、『ピクセル』『イベント』の仕組みと設定方法をご紹介致します。

TikTok広告マネージャーで広告の成果計測をする方法を詳細に解説【Web計測の場合】
【目次】

1. TikTok広告マネージャーでのWeb計測の仕組み

2. 計測までの設定ステップ

3. 設定方法詳細

注)こちらは2021年2月5日時点の情報となります。仕様や広告マネージャーの表示は変更となる可能性があります。

1. TikTok広告マネージャーのWeb計測の仕組み

TikTok広告マネージャーで広告の成果を計測するためには、以下の二つを正常に動作させることが必要です。

ピクセル = 計測タグ(又はトラッキングコード)

イベント = ユーザーの特定アクション

 

ピクセルとイベントの設定により計測が可能に

※標準モードの場合

ピクセルは計測タグを指しています。成果計測には、まず『ピクセル』を広告マネージャーで登録し、発行した『ピクセル』を計測希望ページに実装いただく必要があります。

ただ、ピクセルを実装しただけでは成果計測はできません。

広告マネージャーで、登録した『ピクセル』の配下に『イベント(ユーザーの特定アクション)』を登録しルール設定を行います。『ピクセル』と『イベント』この二つが正常に動作することにより計測は可能となります。さらに特定のイベントをコンバージョンとしてカウントするには、設定した『ピクセル』と『イベント』を広告セット新設時に連携する必要があります。

注)広告マネージャーでイベントのルール設定を行うのは「標準モード」となります。「開発者モード」の場合は、ベースコード、イベントコードの2種類のコードを実装いただき、「Custom Java Script」を使用し、イベントによって異なるパラメータをポストバックしていただくことにより、イベント計測が可能となります。

注)最適化の目標「リーチ」「動画視聴数」「アプリインストール」は広告セットの階層で『ピクセル』と『イベント』の連携はできません。

ピクセル / イベント 内容 設定箇所
ピクセル 計測タグ 広告マネージャーで登録して計測タグを発行、計測希望ページに全てに実装
イベント ユーザーの特定アクション 広告マネージャーでピクセルの配下ユーザーの特定アクションのルールを設定

『ピクセル』と『イベント』の関係により、同一ピクセルを、同一サイトの複数ページに実装し、異なるページを異なるイベントとして設定することが可能となります。

例えばECの場合、全ページに同一のピクセルを実装し、①LP、②入力フォームページ、③入力フォームページの特定のボタンクリック、④注文完了ぺージと、複数のイベントを設定することができます。

 

イベントは正コンバージョン地点(本来計測したい成果点)だけでなく、複数設定いただくことを推奨しています。

その理由は以下の通りです。
  1. 関心度の高いユーザー情報が集まりやすく、広告最適化するための機械学習の向上につながる
  2. リターゲティングや、マイクロコンバージョン運用など、運用の幅が広がる
  3. どの成果点にどれだけ到達したか把握でき、ユーザー行動の分析に役立つ

注)マイクロコンバージョン運用について、詳しくはこちらをご確認ください。

イベントに「何を」「どれだけ」設定したらよいか悩んだ場合、以下を設定する事で、運用に役立ちます。

  1. 正コンバージョンとしてカウントしたい、あるいは最適化をかけたい成果点
  2. 最適化をかける可能性があるマイクロコンバージョン*地点
  3. 到達状況を把握しておく運用に役立つアクション地点
  4. リターゲティング、デリートターゲティングを行う可能性があるアクション地点

注1)マイクロコンバージョンとは?
マイクロコンバージョンとは購入完了や登録完了などの通常のコンバージョンイベントよりもカートページやフォーム入力画面などの浅い地点にコンバージョンの成果地点を設置することです。

注2)コンバージョン最適化で配信希望の場合、最適化をかけたい成果点のピクセルとイベントの設定は必須となります。

 

イベントの活用方法

上記で設定した方がよいイベント地点をお伝えしましたが、設定したイベントには以下の活用方法があります。

活用方法を配慮して複数のイベントを予め設定し、運用の幅を広げられるようにしておきましょう。

同一ピクセルで複数のイベントを設定しておくことは運用の幅を広げるだけでなく、サービスに関心度の高いユーザー情報が集まりやすく機械学習の向上にもつながるため、推奨しております。

<イベント活用方法>

  1. 最適化の目標「コンバージョン」を選択時に、選択したイベントで最適化をかけ、よりイベント地点に到達しやすい人に配信する

  2. 広告経由でイベント地点にまで到達したユーザーのリターゲティング、デリートターゲティングを行う

  3. 広告経由でイベント地点にまで到達したユーザーの類似ユーザーに広告配信を行う

  4. 複数のイベントを設定し、どの成果点に何件到達したかカウントし、ユーザーの行動分析に役立てる

2. 計測までの設定ステップ

成果計測するまでの設定のステップは以下の6つとなります。

必須 ステップ1 ピクセルの登録
必須 ステップ2 ピクセルを計測ページへ実装
必須 ステップ3 イベントの設定(標準モードの場合)
推奨 ステップ4 ピクセルヘルパー*でピクセルとイベントの動作確認
必須 ステップ5 ピクセルとイベントを広告セットへ連携
推奨 ステップ6 CVテスト

ステップ4、ステップ6は省略可能ですが、正常に動作するか、設定が正しいかを確認するため実施を推奨しております。

注1)ピクセルヘルパーとは、Google Chromeのプラグインでピクセルコードの実装が問題なく、ピクセルとイベントが発火しているか自動でチェックするツールです。

注2)ステップ6のCVテストは最適化の目標が「コンバージョン」の場合のみ実施可能です。

3. 設定方法詳細

続いて設定方法をご説明致します。

 

ピクセルの登録&発行

まずは、ピクセルの登録と発行です。

広告マネージャーの以下の箇所からウェブサイトピクセルのページに遷移しましょう。

▽ピクセル登録ページ
広告マネージャーログイン > 上部メニュー「アセット」> イベント管理 > ウェブサイトピクセル

「ピクセルを作成」のボタンをクリックし、ピクセル登録に進みます。

ピクセル登録ページです。以下の順で登録しましょう。

①ピクセル名を入力

広告表示に影響ない管理上の名称です。サイト名で登録されることが多いです。

②実装方法を選択

「手動」で実装するか、「サードパーティーツール(Google Tag Manager)」と連携して実装するか実装方法選択します。

次の手順で「標準モード」を選択される場合は、実装方法は後で変更可能なので、どちらにするか未定の場合は「手動」を選択して先に進めましょう。設定方法の違いは後ほど説明致します。

③標準モード/開発者モードを選択

標準モードか開発者モードかを選択します。
標準モードは計測タグを計測希望ページに実装いただき、広告マネージャーでイベント ルールを設定する方法です。

「開発者モード」は、ベースコード、イベントコードの2種類の計測タグを実装いただき、Custom Java Scriptを使用しイベントによって異なるパラメータをポストバックしていただくことによりイベント計測する方法です。

開発者モードでの実装方法は以下英語版からご確認ください
https://ads.tiktok.com/marketing_api/docs?rid=yqyw52eh4of&id=1688686632950786

注)標準モード、開発者モードを選択後変更はできません。変更したい場合は、ピクセルを登録し直していただく必要があります。また標準モードのコードは開発者モードをサポートしておりません。

注)開発者モードの場合、以下に記載するサードパーティーツールとのアカウント連携はできません。(GTMに手動でコード実装する方法であれば可能です)

④ピクセルを発行
ピクセルが発行されました。完了ボタンをクリックしピクセル登録を完了します。

ピクセルの実装

登録したピクセルを計測希望ページに実装します。実装方法は以下の2種類があります。

 A.手動でピクセルを計測ページに実装する

 B.Google Tag Managerのアカウントと連携して実装する

A.手動でピクセルを計測ページに実装する場合

手動でピクセルを計測希望ページのソースコードに設定する場合に選択します。

ピクセルの発行方法ピクセルを登録する際、実装方法の選択で「手動で…」を選択し進めていくとピクセル(計測タグ)が表示されます。

ピクセルを計測希望ページのソースコードに設置してください。
<head></head>の間への設置を推奨しております。headタグの間にすでに他のコードがある場合には、ピクセルコードをその下に貼り付けます。ただし、</head>よりも上に貼り付けてください。
登録済ピクセルのピクセルコードを確認したい場合、以下の箇所から確認が可能です。
上部メニュー「アセット」> イベント管理 > ウェブサイトピクセル > 該当のピクセルの名称 > ピクセルコードを実装 > 手動で実装

B.Google Tag Managerのアカウント連携して実装する場合

ピクセル(計測タグ)を、Google Tag Managerのアカウントと連携することで、手動でピクセルを計測希望ページのソースコードに設置せずに、実装することも可能です。

この方法で実装する場合、以下の2つの条件があります。

・計測希望ページにGoogle Tag Managerが実装されていること

・計測希望ページに実装しているGoogle Tag Managerのアカウントの利用権限があるGoogleアカウントを持っていること

Google Tag Managerのアカウントと連携して実装する方法 

ピクセルを登録後、ピクセル確認時に、実装方法の選択画面で「サードパーティーツールを使用して…」を選択します。計測ページに実装しているGoogle Tag Managerのアカウントの利用権限のあるGoogleアカウントを選択すると、自動でGoogle Tag Managerのアカウント、コンテナ、ワークスペースが表示されます。「次へ」をクリックして設定完了となります

※異なるGoogle Tag Managerのアカウントが表示されている場合は、プルダウンでアカウント切り替える必要があります。

 

イベントの設定(イベントフォーマットとイベントタイプ)

イベントの設定は、ピクセル実装前でも設定が可能です。

ピクセルの登録が完了すると以下のポップアップが表示され、イベントフォーマットを選択いただきます。

「eコマースサービスイベント」「フォーム入力イベント」など特定の商材や目的に特化したフォーマットは、設定推奨のイベントタイプ(ユーザーアクションのカテゴリ)がデフォルトで表示されたものとなってす。フォーマットで用意されているイベントタイプは不要であれば削除は可能ですが、追加には制限があります。どのフォーマットが良いか迷ったら、設定可能なイベントタイプが多い「カスタムイベント」のフォーマットを選択ください。

イベントフォーマットを選択いただくと、イベント作成のポップアップが表示されます。

「イベントタイプ」「イベント名」「価値」「通貨」「集計方法」を設定します。

①イベントタイプ
ユーザーアクションのカテゴリになります。
カスタムイベントのフォーマットの場合、20種類のイベントタイプから選択可能です。設定するイベントに一番近いイベントタイプを選択しましょう。同一のイベントタイプは複数選択できません。似たイベントタイプが複数ある場合、残っているイベントタイプから一番近いものを選択しましょう。

②イベント名
管理用のイベント名になります。ページを識別する名称(例えば「注文完了」など)わかりやすい名称で登録しましょう。

③価値(オプション)
イベントに価値がある場合、こちらに数値を入力します。ユーザーがイベントまで到達すると、イベント毎に都度同じ数値を価値としてカウントします。
オプション項目のため、不要であれば空白のままにして進めましょう。

④通貨(オプション)
価値の通貨をプルダウンから選択しましょう。
オプションのため、価値を設定する場合のみ選択してください。

⑤集計方法
イベントの集計方法は、ユーザーが設定しているイベントに到達した際のカウントを「(最初の)1回」もしくは「毎回」を選択ください。

1回…同一クリックでのイベントのカウントは最初のみとなります。

毎回…同一クリックに対し24時間以内であれば、毎回イベントをカウントします。

右側の削除ボタン、追加ボタン「+」で、設定イベントの削除、追加が可能です。

後でイベントの追加は可能ですので、設定予定のイベント分だけ設定をしておきましょう。

この、イベントのルールを設定します。ここで設定したイベント全てルールを設定しないとイベントの保存ができないためです。

※イベントの追加は後から可能ですが、設定可能なイベント数はフォーマットによって異なります。

イベントの設定(トラッキング方法とルールの設定)

右側上部に先ほど設定したイベントタイプ一覧が並んでいます。

各イベントタイプをクリックし、全てのイベントタイプのトラッキング方法、詳細ルールを設定しましょう。

トラッキング方法は、以下の3つがあります。

A. クリックイベント:
ユーザーが特定ボタンをクリックするとカウントするイベントタイプです。

B. ページビューイベント:
ユーザーが特定のページに到達するとイベントがカウントするタイプです。3つの中で一番よく使われます。

C. ポップアップイベント:
ユーザーが特定のポップアップを表示するとカウントするイベントタイプです。

A.クリックイベントの設定方法

クリックイベントとは、ユーザーが特定ボタンをクリックするとカウントするイベントタイプです。

以下の手順で設定しましょう。

①トラッキング方法を「クリックイベント」を選択

②イベントカウントルールを設定:該当ボタンのCSSセレクタをルールに設定

B.ページビューイベントの設定方法

ページビューイベントとは、ユーザーが特定のページに到達するとイベントがカウントするタイプす。

ページビューイベントは、特定のページに到達した際にイベント発火とする計測方法で、3つの中で一番よく使われます。

設定手順は以下の通り:

①トラッキング方法を「ページビューイベント」を選択

②イベントカウントルールを設定

設定するルールは以下の3つのどれか、を選択し指定の文字列を入力します。

<一番左のプルダウン>

  • ページURL
  • ページドメイン
  • ページルート

③ポップアップイベントの設定方法

ポップアップイベントとは、ユーザーが特定のポップアップを表示するとカウントするイベントタイプです。

以下の手順で設定しましょう。

①トラッキング方法を「ポップアップイベント」を選択

②イベントカウントルールを設定 
 該当ポップアップのCSSセレクタをルールに設定

全てのイベントルールを設定し、「保存」と「完了」ボタンをクリックしたら、これでイベントの設定は完了となります。

設定したトラッキング方法と詳細ルールは後で変更可能です。ただし、広告セットと連携済のイベントは24時間に1回までとなります。

 

ピクセルヘルパーでピクセルとイベントの動作確認

ピクセルの登録と実装、イベントの設定が完了したら、ピクセルヘルパーでピクセルとイベントが正常に作動しているか確認しましょう。

ピクセルヘルパーとは、Google Chromeのプラグインで、ピクセルコードの実装が問題なく、ピクセルとイベントが発火しているか自動でチェックするツールです。

ピクセルヘルパーで確認を行うStepは必須ではありませんが、正しく設定されているか確認を行うため実施を推奨しております。

以下のページからピクセルヘルパーをダウンロードできます。

ピクセルヘルパー
https://chrome.google.com/webstore/detail/tiktok-pixel-helper/aelgobmabdmlfmiblddjfnjodalhidnn

以下の手順でピクセルヘルパーでピクセルとイベントの動作確認を行います。

注)クリックイベント、ポップアップイベントの動作確認は行うことができません。

ピクセルヘルパーのプラグインをGoogle Chromeにインストールします。

②Google Chromeのブラウザをデベロッパーツールで表示し、Trigger devise toolのボタンでスマートフォンに表示を切り替えます。(デベロッパーツールはwindowsの場合F12をクリックすることでデベロッパーツールの表示に切り替わります。)

<Trigger devise toolの箇所>

アドレスバーに計測希望ページを入力し、ページを表示します。

③ Chromeブラウザの右上にある「ピクセルヘルパー」のアイコンをクリックします。

▽ピクセルヘルパーのアイコン

※アイコン右下の数字は、現在の表示ページで「ピクセルヘルパー」が確認できているページビューイベント数になります。(クリックイベント、ポップアップイベントはカウントされません)

※ピクセルヘルパーでピクセルの実装が確認できない場合、アイコンの色が以下のグレーになります。

Chromeブラウザの右上にピクセルとイベントの抽出結果がでてきます。

実装したピクセルと同一のIDが表示されているか、該当のピクセルIDの下に設定したイベントタイプが表示されているか確認しましょう。

発行したピクセルと同一のピクセルIDが確認できない場合、ピクセルの実装に不備がある可能性があります。

トラッキング方法がページビューイベントの場合で、ピクセルIDは確認できるが、イベントの確認ができない場合イベントの設定に不備がある可能性があります。
(ピクセルヘルパーでは、クリックイベント、ポップアップイベントはイベントの発火は確認できません)

ピクセルとイベントの広告セットへの連携

ピクセルとイベントの設定が完了したら、広告マネージャーの広告セットの階層でピクセルとイベントを連携することにより、連携したイベントをCVとしてカウントすることが可能です。

※キャンペーンの階層で選択する目的が、「コンバージョン」「トラフィック」の場合のみ

最適化の目標を「コンバージョン」にすると、設定したイベントで最適化をかけ、よりイベント地点に到達しやすい人に配信することができます。

※キャンペーンの階層で選択する目的を「コンバージョン」にした場合のみ設定可能

注)既存広告セットの連携イベントの切り替えはできません。連携イベントを切り替えたい場合は、新たな広告セットを登録して設定いただく必要があります。

CVテスト

ピクセルヘルパーで動作確認を行えますが、TikTokやBuzzVideoに広告のプレビュー配信を行い、より正確なCVテストを行うことが可能です。

①広告の入稿と広告審査が完了後、以下の箇所でアプリのUIDを入力します。UIDとは、端末×アプリ毎に異なるIDになります。

広告マネージャーログイン>上部メニュー「広告」>「広告」タブ

該当の広告の名前をマウスオーバーし、名称の下に表示される「…」をマウスオーバーし、「プレビュー配信を設定」をクリックします。

②広告プレビュー設定のポップアップが表示されます。プレビュー配信するプレースメントを選択し、UIDを入力します。

UIDを入力後、10分間指定の端末に広告のプレビューが表示されます。インフィードをスクロール広告を探してください。上部の広告枠に広告が表示されています。

UIDの取得方法は以下のページをご確認ください。
https://ads.tiktok.com/help/article?aid=9554

注1)プレビュー配信はTikTok、BuzzVideoのみ配信可能です。Pangleは配信することができません。

注2)広告セットで設定した条件とプレビュー配信する端末やアプリの条件は一致させる必要があります。例えば、配信プレースメントをTikTokで指定している場合はプレビュー配信はTikTokでのみ行えます。

③広告プレビュー配信の設定を行い、表示された該当の広告をクリックし設定したイベント地点まで到達してください。

到達後、広告マネージャーの以下のページの「プレビューイベント」の項目でCVがカウントされたかどうか確認することができます。

※若干のタイムラグが生じる場合があります。イベント地点に到達し15分程度たってからご確認ください。

TikTok For Businessオンラインアカウント無料登録はこちら>

TikTok For Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok For Businessへお問い合わせください。