消費財業界ではオフラインでの販売効率が2倍!実店舗での売上につながるTikTok広告 | 【公式】TikTok for Business: TikTok広告

消費財業界ではオフラインでの販売効率が2倍!実店舗での売上につながるTikTok広告

2022-01-28

TikTokは外部調査会社と協力し、2021年度のTikTok広告における実店舗での売上に与える効果について検証しました。

この取り組みの一環として、TikTokは米国でNCSolutions社とオフライン・セールスに関する調査、世界中でニールセン社とマーケティング・ミックス・モデルのメタ分析を実施しました。

これらの取り組みはすべて、広告主が「TikTokの広告はオフラインセールスを促進し、広告費以上のリターンをもたらすことができるのか」という疑問に答えられるようにするためのものです。

消費財業界ではオフラインでの販売効率が2倍!実店舗での売上につながるTikTok広告

マーケティング・ミックス・モデルとは

マーケティング・ミックス・モデルとは、メディアが広告主のオフライン売上に与える影響を分離・定量化するために使用される統計的回帰分析です。広告主はモデルを作成することで、「オフラインの売上を最大化するために最適なTikTokの予算をいくらにするべきか」といった疑問を解消することができます。

TikTokの委託により、北米、ヨーロッパ、東南アジアの3ヶ所でニールセン社のメディア・ミックス・モデルのメタ分析が実施され、消費財業界の広告主に対する、インクリメンタルな収益をもたらすTikTokのケーパビリティーにおいて検証を開始しました。

これらの調査によると、TikTokは消費財業界全体において、ペイドメディアの費用対効果とオフラインの販売効率を向上させています。例えば、米国では測定したすべてのデジタルメディアに対して、ペイドメディアの費用対効果が14%高く、オフラインの販売効率が2倍となっており、欧州と東南アジアではさらに高い数値を示しています。

ニールセン社によるメディア・ミックス・モデルのメタ分析では、マーケティングミックスモデル(注1)においてインフィード動画が最も効率的であることが示されています。また、インフィードキャンペーンはスケールアップできる機会があり、ニールセン社の分析では、広告主がオフラインの販売促進を効率的に維持しながらインフィードのインプレッションを50%増加させることができることを証明しています。 

注1:TikTok Marketing Science CPG Media Mix Model Meta-Analyses, US, Conducted by Nielsen 2020

NCSolutionsの販売促進に関する調査

TikTokは、NCSolutionsに販売促進に関する調査を委託し、インマーケットキャンペーンで実際にどのような売上向上が期待できるかを調査しました。その結果、TikTokは消費財業界の広告主に対して、売上の増加と効率的な費用対効果を生み出すことが分かりました。

委託調査16件の中、14件が大幅な売上増加を実現しました。これらの平均費用対効果は、NCSolutionsのキャンペーンパフォーマンスベンチマークの中央値の2倍を示しています。

上記の2つの調査は、TikTok広告が特に消費財業界の広告主にとってオフラインでの販売促進に効果的であることを実証しています。私たちはこれらの調査結果を基に、今後も調査を進めていきます。また、広告主が独自のメディア・ミックス・モデルを通じて、TikTok広告で成功することを願っています。

TikTok for Businessのプロダクトをもっと知りたい方、広告・プロモーションに興味をお持ちの方は、
TikTok for Businessへお問い合わせください。

関連タグ

TikTokその他・一般事例事例(記事)